2013年の梅

今年もコープさんで梅を注文して梅干し作りに挑戦中~。sumi父から、ラッキョウ漬はパスしていいとOKが出たので(笑)今年は梅2キロに挑戦です。

…の、予定だったんですが(汗)ちょっと置いておき過ぎて一部傷んでしまいました。なので、300gほど減でスタートです。ああ、もったいない。

一部に傷みが出てしまったので、梅酢が上がってくるまでにカビが出たら困るということで消毒のために焼酎をとっておいたんだけど、そんな心配は無用だったようで、翌日にはほぼ梅がつかるくらい梅酢が上がっていました。

しっかり熟してたもんね…。←放置し過ぎとも言う

でも、そうなると梅はいつもよりやわらかいってことになりません? これまで何も考えずにホームセンターで購入した1.5kgの重石を愛用していたのですが、ちょっと不安になってきたので検索してみました。

梅2kgの重石は軽めでいいらしい

検索してみたところ、手持ちの本で重石の比較を出してくださってるサイトがありました。「四畳半の住人」さんです。

比較している本は、「手作り味いろいろ」(自然の友社)、「ウメ干し・ウメ料理」(家の光教会)、「梅百科」(家の光教会)、「梅干しと梅料理」(主婦と生活社 別冊週刊女性)、「作って楽しむ信州の漬物」(信濃毎日新聞社)の5冊。(7月5日現在)

これらの本から言うと、梅2kgの重石は2~6kgくらいと記述されているそうです。

でも、このサイトの紹介によると、最近は流通がよくなった影響で梅の状態もいいので、重石は最低限でいいもよう。重すぎると、ちょっと悲惨なことになるようです。

皮が破れて潰れた粒、破れないながらもぺっちゃんこでふんわり感には乏しい粒と、ほとんど全てが干物のような出来上がりになってしまいました。それ以来、重石は最低限に軽くしています。

四畳半の住人/四畳半で梅干しを作る/番外:重石を考える

重すぎると干物になっちゃうのですか(汗)

そういえば、これまでもなんかかたい梅干しができてたんですよね。お店で売ってるのに比べると、全体的にかたい感じ。もしかしてこれは、土用干しのその日まで、重たい重石をのっけ続けていたのが原因だったのではあるまいか…。

と、いうわけで、今年はとっとと丼に変えてみました。丼は伏せると浮いちゃうので、逆向きにしています。でも、何かいいもの探さねば(お皿が一般的みたいだけど、適当なのがなかった)

2013年の梅干しは丼を重石に…

今年はこれでおいしい梅干しになるといいなー。
上手くいったら、来年はもう少し重石に配慮して作ろうと思います(涙)

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます