新梅田シティの噴水

この夏、もっとも不快なのは「汗」。

当たり前といえば当たり前の意見ですが、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が行ったネットのアンケート調査では、こんな結果が出たそうです。

対象はTカードを利用している16~69歳の男女1,255名のT会員で、調査期間は2013年7月19日~2013年7月21日までです。

調査の目的は、「夏の香りやにおいに関するアンケート」です。確かに「汗」もにおいの原因ですよね。

最近、「ひと涼みスポット」が設けられることもありますが、それよりも省エネが進んでるので、むっとする暑さに包まれることが増えています。

この調査では、「汗をかく・ベタつき」が60%を超える高い支持を得て、この夏の不快感として堂々の1位にランクインしたようです。

汗をかくこと自体がすでに「不快」、なんですね。

そして、毎月汗のにおい対策としては、平均「895円」がかけているのだとか。

あれ? これ、意外と少なくないですか?

895円の内訳を見てみると、「制汗スプレー」が45%以上、「汗拭きシート/ボディシート」が36%以上となっています。でも、数年前から通販で注目されている汗対策インナーなどは含まれているのかどうかがわからないので、もしかすると実際はもう少し汗対策にお金をかけているのかもしれませんね。

ただ、現実に「お金をかけていない」一群もあるようです。それは、40代男性たち。その金額、「696円」。

えー、ちょっとぉー、少なすぎですよー(汗)

その割に、自分のにおいを気にしているのも40代男性がトップのようで、80%を超える人が「自分のにおいを気にしている」と答えたそうです。

気になるのに、なぜ対策しないんですか(笑)

今年は9月も高温傾向が予想されているそうで、「異性のにおいが気になる」と答えた人は女性で90%を超えていることからも、無対策はかなり立場が厳しい季節となりそうです…。

リストマーク 通販の汗対策特集、始まってます

セシール - クールビズ特集

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます