YOGA TABLET8のカメラ

YOGA TABLET8のカメラ

ちょっと極端な書き方をしてしまいましたが(汗)

もちろん、ブログを作成する程度なら十分だと思います。ただ、後で紙に印刷したり、写真作品にまで考えてる人には、ちょっと物足りないかなというレベルです。

写真はけっこう撮れる

LUMIXとYOGA TABLET8の比較

LUMIXとYOGA TABLET8の撮り比べ

左はLUMIXで記録画素数は3M(EZ)、右はYOGA TABLET8で表示サイズは5M(メガピクセル)です。ちなみに、YOGA TABLETの設定は「QVGA」、「VGA」、「1M」、「1.3M」、「2M」、「3M」、「4M」、「5M」の8種類。

適当に撮ったので比較にならないかもですが(汗)拡大すると、極端に距離が遠いのは苦手みたい。

でも、ブログなんかで使うなら、サイズを小さく加工してしまうので、手ぶれに気をつけさえすればそこそこきれいに撮れそうです。

YOGA TABLET8で木の枝を撮影

YOGA TABLET8で木の枝を撮影

近松門左衛門の墓所(広済寺)のお隣にある近松公園の風景をいくつか撮ってきてGoogle+にアップしてみたので、どんな写真が撮れるのか、よかったら参考にしてみてください。

YOGA TABLET8にはGoogle+のアイコンもあるので、こんなふうにアカウントのある人はすぐに利用することができますよ。

アップロードも簡単。ただ、作ったアルバムに後から追加する方法がよくわかりませんでした。単に追加したいだけなのに、別々のアルバム扱いになるんですよね、どうしたらいいの? 別々にアップせずに、1度にまとめてアップするしかないのかな。ちなみに上のアルバムは、パソコンで後から何とか修正しています(汗)

ともあれ写真にもよると思いますが、公園の中を撮影したものは1枚が700KB~3MB弱(5メガピクセルの設定で)くらいでした。日常撮りなら気軽にパチパチ撮れそうですね。

この他、今回は挑戦しませんでしたが、HDR撮影やパノラマ撮影、物体を周囲から撮影できる多角ビュー、露出ブラケティング撮影などなど、ちょっと楽しい機能に対応しています。

フラッシュはありませんが、「自然な感じが好きなの」ってことで、元々フラッシュを発光禁止にしている管理人みたいな人には問題ないかな。

というわけで、高性能で写ってしまったもの(人の顔とか車のナンバーとか)を後から画像処理で消しているという人には、かえって細かな部分が写らないカメラは快適かもしれません。

ただ、重いのが難点。400g程度なので、このクラスでは重くもなく軽くもないタブレットですが、片手で写真を撮るとなると話は別。女性で手ぶれが気になる人は、しっかり両手で支えて撮るのがおすすめです。

動画はちょっと崩れる

動画の画質は「高」で撮影するとこんな感じ。「人の顔とか、あまりはっきり映るとネットにアップしにくいなぁ」という人にはかえっていいかなという感じで、少しもろもろしたところがあります。

人は映っていませんが、近松公園の紅葉を動画で撮ってみました。

後で気が付いたのですが(汗)設定には「ファイン」もあって、手近なものを撮り比べるとこんな感じ。

最初に手前のブタさんの左目にピントを合わせて、次に後ろの犬のぬいぐるみにピントを当てています。

YoutubeもYOGA TABLET8にアイコンがあるので、アカウントがある人はすぐに使うことができます。アップロードには「非公開」の選択があるので便利。

とりあえずタブレットからアップしておいて、後からPCでアクセスして、Web上の「YouTube動画エディタ」でいらないところをカット&必要なところをつなぎ合わせて公開すれば、ちゃちゃっと動画を公開することができます。

(「YOGA TABLET8レビュー タブレットで文章を書くことは楽しめるのか?」で作った動画はコンパクトカメラで撮影していますが、SDカードで読み込んで、上記の方法で作成しています)

娯楽の映像は意外ときれい

写真や動画は上記のような感じですけど、娯楽の映像は意外ときれいに見ることができます。

当たり前ですがドルビー内にあった映画のデモビデオなんかは、もろもろすることもなくてすごくきれい。Youtubeも高画質のものはきれいに見ることができます。

ゲームの場合、管理人レベルがmixiのゲームを楽しむ程度ならOKじゃないかな。ゲームの画のほうが大き過ぎて、何が何やらわからないのもありましたが(汗)あれはタブレットに対応してないゲームだったのか…。細かいことは不明。

ともあれタブレットが自立してくれるので、画像コンテンツは何かしながらでも普通に楽しめるところが気軽でよかったです。

【関連記事】
YOGA TABLET8レビュー 持ち運び重視か、スタンド視聴重視か
YOGA TABLET8レビュー ユーザー補助に挑戦
YOGA TABLET8レビュー レノボの「電源管理」でさらにバッテリーを節電する
YOGA TABLET8レビュー 電子書籍の読書スタイルを変える?
YOGA TABLET8レビュー 重さを感じさせないデザインは、本当に重くないのか?
YOGA TABLET8レビュー トラブル発生!マイクロSDカードが出てこない!!
> YOGA TABLET8レビュー 画像はいまいち?カメラとビデオ
YOGA TABLET8レビュー タブレットで文章を書くことは楽しめるのか?
YOGA TABLET8レビュー 使いこなしのコツはタブレットの動きに慣れることにあり
YOGA TABLET8レビュー ネット接続までの長い道のり

持って、立てて、倒して 3つのスタイルで楽しめるYOGA TABLET

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます