ホットコット スキニーパンツ

この冬最強、スキニーパンツの裏がホットコット!

吸湿発熱素材を使った「ホットコット」はインナーから始まりましたが、今や布団カバーや手袋なんてものもあります。

勉強会で見せていただいたのは、2014年新登場の「裏ホットコットスキニーパンツ」です。裏地がホットコットになっているんですよ。

上の写真で言うと、左のスキニーパンツがそう。ちなみに右にあるのは「綿100%裏起毛すきま風防止パジャマです。

ホットコットにスキニーパンツ登場

ホットコットスキニーパンツの裏地

ホットコットスキニーパンツの裏地

体に皮膚のようにフィットしてくれる極細パンツ「スキニーパンツ」ならではのラインを崩すことなくあたたかさを保ってくれるのは、薄くてあたたかな吸湿発熱素材「ホットコット」だからこそ。

写真のようなホットコット生地が、ウエストから足首までパンツの裏側全面に施されているのです。

表面の生地 ホットコットスキニーパンツと裏表面の生地 ホットコットスキニーパンツと裏フリースパンツフリースパンツ

表面の生地比較・「ホットコットスキニーパンツ」 vs 「裏フリースパンツ」

表面はこんな感じ。

左がホットコットのスキニーパンツ、そして右が別記事でも紹介した裏フリースパンツです。写真ではちょっとわかりにくいですが(汗)

見た感じだけでも少し厚みが違うのがわかりますよね。

「あたたかくてもモコモコしたくない」、「あたたかさとおしゃれの両方を楽しみたい」という人におすすめのアイテムです。

ホットコットはお肌に優しい綿混素材

ホットコット

けっこう薄め、ホットコットシャツの袖口

ところで、ホットコットって何? という方に簡単に解説を。

最近流行りの化繊100%の発熱インナーとは違って、綿混素材を使った発熱インナーです。お肌に優しいという特長があり、ベルメゾンでは毎年人気のあったかアイテムです。

生地も薄いし化学繊維より劣っているんじゃないかと心配する人がいるかもしれませんが、そんなことはないんですよ。

ホットコットと化繊100%の発熱ウェアの機能比較をしても、約+1.7度あたたかいという計測結果が出ているのです。それに、着るときにヒヤッとした感じがないので、着た直後も快適という特長もあります。

放湿性もあるので汗をかいてもムレにくく、着心地のよさを重視する人におすすめ。

裏生地にホットコットを使用した「裏ホットコット」シリーズには、この他に、「裏ホットコット裾くしゅカーゴスキニーパンツ」、「裏ホットコット柄パギンス」が登場しています。


ベルメゾン [PR]

ベルメゾンネット

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます