日よけ付き3WAYハット

ツバに技あり!GITAの3WAYハット

ベルメゾンの展示会で、子ども向けの紫外線対策のアイテムを見せてもらってきました。子ども向けブランド「GITA」(ジータ)の日よけのついた帽子です。

2014年春夏アイテムなので、他シーズンでは別デザインになっているかもしれませんが、毎年いろんな種類の帽子が登場するので、よかったら参考にしてくださいね。

ベルメゾンネットでは、GITAの帽子も含め、例年3月ぐらいから登場し始めるようです。

3WAYに着こなせるおしゃれ帽

日よけ部分

日よけ部分は帽子の中に収納可能

管理人の小さなころは「健康のために日焼けをしましょう」ということで、日焼けすることをすすめられていた気がするのですが…。

今ではオゾン層の破壊からくる紫外線の害のほうが影響が強く、注意する必要があるようです。小児科でも、子供の日やけに気を付けるよう促されることがあるそうですよ。小さな子どもほど、日差しを遮る帽子は必須となるようです。

写真は、そんな日よけ付きの帽子の中でも、3WAYに被り方が楽しめる「日よけ付き3WAYハット」です。

ツバがちょっと短めに見えますが、帽子自体に深さがあるので、つばを全部下ろしているとかなり日差しを遮ってくれますよ。

あごのところで留めるゴムが付いているので、小さな子どもでも帽子を落としてしまうことはありません。無防備になりがちな耳や首の後ろをガードしてくれる日よけが付いています。

幼稚園や保育園では、写真撮影などで帽子の日よけを外さなくてはいけない場合があるようですが、この日よけは畳んで帽子の内側にあるマジックテープ付きのポケットに収納することができるんですよ。

帽子の内側

内側から帽子を見ると、こんな感じ

そして、「日よけ付き3WAYハット(ジータ)」は、名前のとおり3WAYに被り方が楽しめる所が魅力です。

秘密は、両サイドに入ったこの切れこみ。この構造で、ツバが前と後ろの2枚に分かれた構造になっているのです。

ツバに入った切れ込み

両サイドに入った切れこみで、ツバが前と後に分かれます

例えば、前のツバだけ持ち上げて視界を確保。

前のツバを上げたところ

前のツバを上げれば、首の後ろをカバーしながら視界を確保

前と後ろのツバを持ち上げれば、カウボーイ風ににカッコよくかぶることができます。

前後のツバを上げたところ

前と後ろのツバを上げればカウボーイ風に

サイズは「48~50」と「50~52」の2パターンですが、帽子の後ろにサイズ調整ができるワンタッチテープが付いているので、微調節することが可能ですよ。

なんといっても綿100%なので、汗をかきやすい時期でも洗濯などのお手入れがしやすいという点も魅力です。

この帽子を使用中の先輩ママさんの話では、「洗濯ネットで丸洗いしちゃう」なんて話もありましたが(汗)一応、洗濯マークは「手洗いOK」なので、手洗いするのが無難かもしれません。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます