鼻シャワー

こんなの購入してみました。フマキラーの「アレルシャット 鼻シャワー」ミストタイプです。

弱酸性で刺激が少ないみたいですよ。内容量は70mlなんですけど、けっこう大きいですね。これで約500プッシュ分あるようです。

ドライノーズというものがあるらしい

特に冬から花粉の季節にかけて、鼻が乾燥して辛い管理人です。sumi父も、口の中が乾いたりするみたいで、親子してこの季節はいまいちなのですが…。

2月24日に放送された「あさイチ」で、「”冬の”快眠術」が紹介された際、快眠を妨げるものとして「鼻の乾燥」が挙げられているのをたまたま見かけたのでした。ドライアイならぬ、ドライノーズの症状らしいですよ。

加齢とかストレスとか、鼻の粘膜を減らしてしまうことがあるみたいです。

夜、寝ている間は粘膜が腫れやすい状態になるみたいで、それが鼻詰まりなどの症状を悪くして不眠につながるのだとか。

対処法は「鼻を潤すこと」ということで、入浴中に蒸気を鼻から吸い込む方法と、塩水(水500mlに塩小さじ1弱)を手作りして鼻の中にシュシュッと吹きかける方法が紹介されていました。

えーっ、何それー。

と、思ったのですが(汗)

興味を示したのがsumi父で、番組に出てきたみたいなスプレーを買ってきてほしいなんていうんですよ。

えーっ(汗)

と、いうことで、最初に買ってきたのがこちら。100均で見つけたスプレーです。

100均のスプレー

これを2本買ってきました。

え? もちろん、1本は私用ですよ。

で、ちょっと試してみたところ、けっこう快適なんですこれが。さすがスゴ技ですね。「えーっ」とか思ってすみませんでした。

ただ、この安い容器だと少々難点が…。

100均のスプレー スプレー部分

なんというかこう、でっぱりがないのでスプレーしにくいんですよね。うっかりすると、鼻の中にうまくシュッシュできずに誤爆することがあります。

それに、この容器で大丈夫なのかなと思ったり…。

薬局で教えてもらったんですけど、容器部分がガラス製になった「アトマイザー」というものもあるようです。アルコール分の強い香水の場合、樹脂性の容器だと溶かしてしまうからなんだとか。

鼻にシュッシュするのは塩水なので、それほど心配しなくてもいいのかもしれませんが、どうだろう(汗)

しかも、ほとんど捨ててしまってもったいない気もします。

もちろん、スプレーにはもっと小さな容器もあったのですが、「小さいと洗いにくいかな」ということで、ちょっと大きめの容器にしたために、そのほとんどを捨ててしまうことに。

1回につき1~2度、1日10回程度の目安で、2~3日したら捨ててしまうんだから当たり前ですよね…。

薬局で教わった鼻シャワーを買ってみた

鼻シャワー パッケージ

で、薬局で何かいいものがないか聞いてみたところ、鼻炎用に鼻を洗浄するものが多数あると教えてもらったのです。

鼻炎の症状向けのものだと薬が入っているものもありますが、洗浄が目的なら入っているのは塩水なんだそうですよ。

ちなみに、鼻シャワーの成分はこんな感じ。

精製水、塩化ナトリウム、クエン酸ナトリウム、ベンザルコニウム塩化物、グリセリン

これで798円+消費税63円したんですけど、ユニバーサルデザインを採用しているという容器代と考えればいいでしょうか(汗)

鼻スプレーの本体

でも、鼻の中に命中しやすそうだし、指をかける部分が大きくて使いやすそうだし、とりあえずこれでよしとします。

というわけで、鼻シャワーは100均スプレーでは使いにくそうだったsumi父に使ってもらうことにしました。

管理人はせっかく買ったので、しばらく100均スプレーで頑張ってみます(汗)

【一応、留意点】
鼻シャワーの使用目安は1日3回程度。
使いすぎて鼻の粘膜を洗い流してしまうとまずいので、この点は要注意。
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly