フェリシモ 3段ボックス大活用 背表紙見せ収納が決め手のブックラックの会

フェリシモ 3段ボックス大活用 背表紙見せ収納が決め手のブックラックの会

奥行きのある本箱は前後に本が収納できて便利だけど、奥の方になった背表紙が見えなくて不便! ということがありますよね。

フェリシモの「3段ボックス大活用 背表紙見せ収納が決め手のブックラックの会」は、そんな本箱でも段差を付けて収納することができるので、背表紙が見える優れ物です。

発売は今年の1月だったのですが、1月16日にフェリシモのツイッターアカウントで商品をつぶやいて以後、1月20日の時点で3600RTされた記録が残るほど大反響だったみたいですよ。

ありそうでなかった、でも、あると便利なグッズですよね。

小ブロックに分かれているので便利

段差部分

段差がついてるから、奥の本も背表紙が見える!

ブックラックのサイズは、幅約12cm、高さ約19cm、奥行き約27cm、段差部分約6.5cmとなっています。

お届けは同柄3個で1セットとして届けてもらえますよ。カラーバリエーションは6色あり、毎月1セットずつローテーションでお届けとなります。

もちろん、1セットだけ届けてもらって以降はキャンセルという購入方法もOK。

開いた状態で届くので組み立ては自分で行いますが、ショップサイトの写真を見たところでは構造はそんなに難しくなさそうです。本がたくさんある人はいくつか揃えると便利そうですよ。

しかもこれ、取っ手が付いているのがわかります?

取っ手部分

取っ手が付いているので、取り出しやすい

ここを引っ張ると、ブックラック1個分を本箱から丸々取り出すことができるのです。

これちょっと便利ですよ。

本が入っているところ

1つのブックラックに漫画の単行本が約16冊収納できます

つまり、このまま好きな場所へ持っていけば、とっちらかったりせずに、コンパクトにまとめて読書タイムが過ごせるというわけ。

1つのブックラックにはコミックが約16冊収納できるので、同シリーズの漫画をまとめて入れておけば、好きな場所でまとめ読みすることができます。

読書の秋のお供に、本箱の整理に、おすすめですよ。

リストマーク 3段ボックスの奥に収納しても本のタイトルがしっかり見える!


フェリシモ 3段ボックス大活用 背表紙見せ収納が決め手のブックラックの会

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます