マリン・カラーライトの3種類

marinシリーズの2015秋冬新作

何だか大人っぽいシューズが並んでますよね、これ実はクロックスなんですよ。

今回、この秋登場した女性向けクロックスシューズの一つ、マリンシリーズの「マリン カラーライト ウェッジ ウィメン」をモニターさせていただく機会があったので、どんな感じか写真でご紹介します。

大人の女性の足元に この秋、女性向けクロックスシリーズが勢ぞろい

クロックスというと、ポテっとした穴開きシューズを連想する人が多いんじゃないでしょうか?

でもここ数年、スニーカーのように細身のデザインが登場したり、オフィス使いにも耐えられそうな大人っぽいシューズが紹介されたり、ずいぶん雰囲気が変わってるんですよ。

この秋も、フラットコレクション「simply flattering」から「キャップトゥ ミラー フラット」(cap toe mirror flat)、「クロックス ジアンナ ディスク フラット ウィメン」(crocs gianna disc flat w)、「マリン カラーライト フラット ウィメン」(marin ColorLite flat w)と3タイプのシューズから新作が登場しています。

今回モニターさせていただいたのは、「マリン カラーライト」の、かかとがあるウェッジタイプのもの。

その高さ、なんと約6cmもあります!

マリン カラーライト ウェッジ ウィメン

かかとの高さは6cm

特に主義主張があるわけではありませんが、日常、一貫してぺたんこシューズしか履かない管理人に、まるで何か挑戦するかのよう…(汗)

いえいえ、これ、サイズはきちんと確認されているものの、スタッフさんもどのシューズがどのモニターに振り分けられるのかわからない状態で当たったので、運命というべきなのかもしれません。

いや、でもやっぱり挑戦だな(汗)

同じくこの秋登場したスターウォーズシリーズなら、無理なく履きこなせたんじゃないかなどと思いながら、腰掛けた状態で、ちょっと履いてみました。

いつものジーンズと合わせてみた

すりきれジーンズでもかわいく決まります

履けちゃいました(汗)

我ながら、自分の足では見たことのない曲線です。やぼったいジーンズ姿で靴下履いてますが、ちょっとかわいいかもしれません。

ただ、残念ながらかかとがね… 靴のサイズがすごくデカかったんですよ(汗)

大きかったシューズ

サイズは大きめらしいので要注意(汗)

一応サイズを合わせたはずなのに、なぜこんなことが起こったのか?

いつもの靴を履いたところ

いつもは、23.5cmサイズです

管理人の場合、通常、近所のお店で靴を購入する場合、23cmか23.5cmを購入しています。

いつもの23.5cmサイズの靴だと、上の写真のような感じになります。そんなに違和感、ないですよね。

クロックスのショップサイトに掲載されているサイズ表によると、アメリカの女性サイズは「W(数字)」、男性サイズは「M(数字)」と書かれています。

上記サイズ表によると、日本のサイズ「23.5cm」に対応しているサイズは、W7.5ということになるので、モニターではこの数字を伝えていたわけですが…

クロックスの場合、男性でも日本サイズで選ぶと大きい場合がけっこうあるようです(汗)

ショップサイトに書き込まれた口コミを見ると、このシューズに関してはデザイン的なものがあるのか「大きい」という声が多いみたいで、日本のサイズをそのまま選んでしまうとびっくりするぐらい大きな靴になってしまった… ということみたいですね。

なので、やはり初めてクロックスを選ぶ際はショップで試し履きして確認するのがおすすめということになるみたいです(汗)

ただ、近所にクロックス店舗がなくてネット通販しか利用できない場合は、各商品ページに掲載されている口コミをしっかり読むのがおすすめです。

口コミには、書き込みしてる方ご自身の足の状態(甲高、幅広など)や、通常何cmくらいのものを履いていて今回どれくらいのサイズを購入したのかなど、意外と細かく書き込まれていて参考になることが多いんですよ。

今回も、もし「このシューズをモニターする」ということがはっきりとわかっていれば、口コミを参考にして、いつもよりワンサイズ下の「W6.5」(22.5cm)くらいを選んでいたと思います。

ただ、このシューズには「W6.5」のサイズ設定がないので、「W6」(22cm)を試すべきだったということになりそうです…。

履き心地は最高!

インソール部分

インソールはもっちりした履き心地

これはほんとに残念なことなのですが、履き心地はかなりいいです。サイズが合っていればなー(汗)

なんといっても、インソールがすごく気持ちがいいんですよね。

管理人みたいなぺたんこ靴派でも「ちょっと履けそう」と思わせるのは、モチッとした感触のインソールの存在が大きいと思います。

足根小球(足指と土踏まずの間の盛り上がり部分)でしっかり足を支える感じがあるので、かなり安定感があります。

しっかり足を支えているせいか、ヒールが高い靴にありがちな「親指が痛い」といった感覚はなく、とても楽。

かかとも包み込むような立体感があるので、かなり歩きやすそうな印象です。

それもそのはず、「マリン カラーライト ウェッジ ウィメン」に使われているインソールはポリウレタン素材ですが、定番のクロスライトと同じくクッション性が高いものが採用されているためです。

モチッとした感触があるのが特長で、足裏に合わせて沈み込んでくれるのだとか。だからしっかり安定して足を支えてくれる感覚があるんですね。

また、反発性があり、歩く時の衝撃を受け止めてくれるので、足の負担を軽減してくれるようです。

2015年秋冬新作のwrapシリーズはモコモコ

2015年秋冬新作のwrapシリーズはモコモコ

ちなみにこのインソール、同じカラーライト素材を使っているラップシリーズに比べて、さらにクッション性が高くなっているんですよ。

ただカラーライト素材の注意点として、クロスライトと同様に「履きこんでいくと少しずつ素材自体が馴染んでくる」部分があるとはいうものの、ファブリック(布地)を裏に貼っているため、大幅にサイズが変わるような馴染み方はしないとのこと。

なのでやはり、サイズ選びは慎重にするのがおすすめです(汗)


クロックス [PR]

クロックス オンラインショップ

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます