結露した窓

気温が低くなると現れる結露

電力会社が発表している電力需給によると、暑さが厳しい夏の午後についで多くの電力が必要とされるのが、「冬季の午前中」と「冬季の夜間」なんだそうですね。

どちらも暖房で大きな電力が必要になるみたいですよ。

夏の暑さはエアコンを使う他に窓の開け閉めで調節したり、冷たいシャワーを使ったり、薄着になったりと対策にもいろんな手段がありますが、冬は暖房機器であたためるくらいしかありません。

あたためれば、それだけ出てくるものが結露ですよね…。

結露の原因は高い湿度が長時間続くこと

食卓のイメージ

それほどガンガンに暖房していなくても、人が生活しているとどうしても結露の原因は発生してしまいます。

炊事で煮炊きしたり、入浴でお風呂場のドアを開け閉めしたりするとテキメンです。ガスの火はけっこう水蒸気を含むので、ガスコンロやガスストーブも湿気の原因になるわけです。

極端な話、人の体からは見えない水蒸気が発生しているので、生活している限り湿気はなくなりません。

このように、結露対策で発生源をなんとかするのは難しい話なので、発生した水蒸気が結露しないように対策するのがいいみたいですよ。

基本は、湿度の高い状態が長時間続かないようにすること。

湿度をたくさん含んだ空気が冷えた場所に留まっていると、そこで結露してしまうからです。

本格的な解消法は、建物全体の温度を下げないように断熱材を使ったり、断熱性の高い複層ガラスを使ったりすることみたいですが、それはさすがにお財布の都合もあるので(汗)

温度が低くなった場所に湿気を含んだ空気が留まらないように、空気の流れを作ることが大切になります。

しっかり換気するほどでなくても、ほんの少しの空気の流れだけでずいぶん違うみたいですよ。

冬の暖房では「こまめな換気が大切」とよく言われますが、「締め切って火を使っていると空気が悪くなる」という理由の他に、湿気対策としても有効な方法と言えるようです。

窓の開け閉めができない場合は、サーキュレーターや扇風機を利用するのもいいみたいですよ。

空気の流れを作っても対処しきれない場所が「窓」

窓は冷たい外気に直接触れる場所なので、どうしても結露しやすい場所です。

「結露防止シート」や「結露ミラーフィルム」といった製品がありますが、全ての窓に使うとやはりお金がかかるので(汗)

湿気が発生しやすい部屋や拭き掃除で対応できない部屋にポイント的に利用して、残りは窓拭きで対応するのがおすすめです。

窓拭きは意外と力がいるし、腕を上げ下げしないといけないので、雑巾を使う場合はけっこうきつい作業になってしまいますが、バキュームクリーナーを利用すると、かなり負担が軽減できますよ。

リストマーク 水ダレなし、拭き跡も残らない


窓用バキュームクリーナー WV50Plus

雑巾だと水や洗剤が多すぎると仕上がりに拭き筋が残ったり、少なすぎると静電気が発生してかえってゴミが付いたりしてしまいますが、先端がゴムのワイパー状になっているのできれいに仕上がります。

掃除機のように吸引しているので、ゴムのワイパーのように、液だれ対策として窓枠の下に雑巾を並べておく必要もありません(笑)

バキュームだと音がどれぐらいになるのか気になりますが、ホームセンターの実演でそばにある道路の車の音にまぎれるくらいなので(笑)それほど大きくないようです。

サイズは130×280×355mm。重量はバッテリーを含んで0.7kg。機能としては、2時間の充電で20分の連続使用が可能で汚水タンクは100ml程度です。

パワーも汚水タンクも少しコンパクトな気がしますが、窓掃除の場合、セットでついているワイプパッドに洗剤を拭きかけて伸ばしたところをササッと拭くだけなので、それほど汚水がまとまって垂れるわけではなく、汚水タンクはこの程度で大丈夫ということみたいです。

結露だとどうかな?という気がしますが、こまめに捨てれば大丈夫かな。本体のキャップを開けて傾ければ、汚水はそのまま捨てることができるので、処理も簡単です。

標準のワイパーヘッドの清掃幅は280mmあり、上から下へ縦に拭いていって、最後にガラスの下部を左右に掃除する… という簡単な手順でOKなので、作業自体も短時間で済むようです。

リストマーク 鏡やタイルの洗浄、結露除去にも最適


ケルヒャー 窓用バキュームクリーナー WV50

まとめ

冬になると窓などに現れる結露は「表面結露」といって、カビの発生源になるうえに、そのカビを好むダニが繁殖する原因になったりするので、なんとか手軽に対策したいですよね。

カビが好む温度は25~35度、湿度は75%以上が必要で、昔なら家屋の温度が低かったので大丈夫だったケースが多いようですが、現在の家はあたたかいので、結露する場所は格好の繁殖場所になるようです。

気温が下がってくると、結露対策の窓拭きも一日一回では済まなくなるもの。

手軽に作業が軽減できるグッズを上手に利用していくのがおすすめですよ。

ホームセンターのコメリドットコム

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly