快適リュックライフ 整理整とんおまかせ リュックのためのインナーポケットの会

2015年秋冬コレクションのフェリシモ・フェアでの展示

子どもが歩けるようになると、びっくりするほどあちこちに動くのでママは追いかけるのが大変。カバンなんて持っていられないから、リュックの購入を考えているという人も多いのではないでしょうか?

ママでなくても、荷物が多いと背中に背負うことができるリュックは楽ちんですよね。

でも、リュックって中がガバーッと広くて、入れた物が底のほうにたまってゴチャッとしがち。

そんなときにすっきり収納できるのが、フェリシモの「フェリシモ 快適リュックライフ 整理整とんおまかせ リュックのためのインナーポケットの会」です。リュックの中にセットするだけで、仕切りやポケットが立体的にできあがる優れ物アイテムです。

これ、毎日をハッピーにする暮らしの雑貨ブランド「クラソ」の、生活雑貨大賞の第12回に寄せられたアイデアが基になった商品なんですよ。

使う側のユーザーの声が結集しているだけあって、使い勝手のいいインナーポケットで、これまでのフェリシモ・フェアでも度々紹介展示されてる人気アイテムです。

「でも、自分ちのリュックにちゃんと入るのかなー」って心配になりません?

ポケッタブルリュック

たたんだ状態のポケッタブルリュック

「どうせならサイズぴったりのリュックも欲しいんだけどな」と思っていた人に、ちょっとしたコツを教わったのでシェアしちゃいます。

「Kraso」(クラソ)2016年春夏号の場合、インナーポケットがのっているのと同じページ(53ページ)に、「買い物帰りもらくらくポケッタブルリュック」が掲載されていますよね。

これ、「ええで、とははっきり書いてないけど、実はサイズもぴったりでええねんで…」ということらしい(笑)

カタログで近い所に掲載されているアイテムは要チェックです。

これはカタログだけではなく、ネットショップでも、「関連商品」として掲載されているものをチェックするのがいいみたいですよ。

ネットショップの場合、カタログに掲載されていたポケッタブルリュックの他に3種類のリュックが掲載されているので、興味のある人は覗いてみてくださいね。

で、今月、神戸で開催されたフェアでもこのポケッタブルリュックが展示されてたのですが、これがほんとによかったのです。

ポケッタブルなのに、こだわりの詰まったリュック

買い物帰りも背負ってらくらく 小さくたためる ポケッタブルリュックの会

ポケッタブルに小さく収納できるリュックです

たたんでくるくるっと巻いていくだけで、ポケッタブルに収納できちゃう携帯用リュック「フェリシモ 買い物帰りも背負ってらくらく 小さくたためる ポケッタブルリュックの会」です。

触ってみると、手触りのいい生地が使われていることがわかるんですよ。これ、シワになりにくい素材を採用しているそうです。

フェアで展示されていたのは、1年くらい前からこうした展示に使われているもので、そのたびに折りたたんだり広げたりしているそうですけど、そんなにシワもないし、くたびれた様子が見えませんよね。


(動画は全部で41秒ほどありますが、リュックをたたむ様子は8秒くらいのところから見ることができます)

折りたたみやすいように縫い目などが配慮された設計になっているので、特に悩むことなくたたむことができます。

スタッフさんが実際にたたむところを見せてくださったのですが、なんと17秒程度で完成してしまいました!

工夫もいろいろあるみたいですよ。

こうした簡易版のリュックの場合、ショルダーベルトの部分が全部ひも状になってることが多いみたいですが、それだとせっかくリュックが大容量でも、たくさん物を入れることができません。

ショルダーベルトが食い込んで痛いし、肩にかかる重さも倍増してしまいます。

フェリシモのポケッタブルリュックはお買い物のサブバッグとして使うことも想定されているので、ショルダーベルトは幅広で厚みのあるしっかりしたつくりになっています。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻ってくる時はブラウザの「戻る」ボタンで帰ってきてくださいね)

もちろん、中身は大容量。縦約38cm、横約27cm、まち幅約16cmで耐荷重は5kgまで詰め込むことができます。

さらにはファスナー部分もむき出しになっていたりせずに布がかぶっているので、ファスナーが直接見えないようになっていました。細やか。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻ってくる時はブラウザの「戻る」ボタンで帰ってきてくださいね)

もちろん、インナーポケットがぴったり入ります。

インナーポケットを入れたところ

インナーポケットとも相性ばっちり

あえてポケッタブルを無視してもよし

インナーポケットと併用する場合は、もちろんポケッタブルを無視することになるのですが、でも日ごろ使いに活躍してくれそうですよ。

インナーポケットには結構しっかりした厚みがあるので、背中が痛くなることがないというメリットがありますもんね。

インナーポケット 横から見たところ

ピント合ってないけど(汗)インナーポケットの厚みはこんな感じ

インナーポケット自体がかなり多機能なので、デイリーで活躍してくれそうです。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻ってくる時はブラウザの「戻る」ボタンで帰ってきてくださいね)

これから暖かくなってくると、おでかけする機会も増えてくる季節。よかったらおでかけバッグの参考にしてみてくださいね。

お届けは頒布会形式、お届けスタイルがそれぞれ少し違います

インナーポケットはコレクションタイプ。1回注文すれば毎月1回、色柄を変えて1種類ずつお届け。希望するところでストップすることができます。

ポケッタブルリュックは6回限定のお届けタイプ。1回注文すれば毎月1回、6種類のデザインから1種類ずつ届けられて、全種類6回のお届けが終了するとストップします。

もちろん、それぞれ1回の注文で、残りはキャンセルすることもできますよ。

届く色柄の順番はフェリシモにお任せなので、その辺はあまりこだわらないという人におすすめです。


フェリシモ 快適リュックライフ 整理整とんおまかせ リュックのためのインナーポケットの会


フェリシモ 買い物帰りも背負ってらくらく 小さくたためる ポケッタブルリュックの会

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます