フェスティバルのブース

うるおってシャンプーのブース

テープ起こしをしていたときはヘッドホンをつけて作業をしていたので、パーマ屋さんでは「頭のてっぺんが赤くなってる」と指摘されたことがある管理人です、こんにちは。

コードがあるヘッドホンを使っていたせいか、どうもコードが引っ張られることで意外なストレスがヘッドバンドにかかって、頭のてっぺんにのしかかっていたのが原因だったようです。

でも、そんなストレスから解放されて数年 ── でもやっぱり、髪の毛は何かとストレスの元になっています。

最近は肩を越すくらいに伸びてきたせいか、掃除をする際、部屋の隅に落ちてる長い毛が気になるんですよね。もしかして、抜け毛が増えてる…? いや、気のせい?(汗)

うるおってシャンプーを使ってみた

うるおってシャンプー 無香料タイプ

この量で30ml、約5日分あります

そんなこんなで先日、うるおってシャンプー30mlをゲット。これで標準的な髪の量で5日くらい使えるそうですよ。

特に「うるおってにしよう!」という理由はなかったんですが(汗)大阪で開催されたフェスティバルでお試しをいただく機会があったのです。

かなり前から人気のあって、ブログのレビューも多いシャンプーですよね♪

で、その感想はというと…

洗ってるうちから髪が素直!

…なんですよ、ちょっとびっくりしてしまいました(汗)

管理人の髪質は、そんなに「くせ毛がある」とか、「うねりがある」というわけではありません。どちらかというと、強情すぎるくらいの直毛です。

これまで使ってたシャンプーは、近所のスーパーで売っている、お値段お安めの普通のシャンプーです。特にメーカーとか気にしてないので、購入のたびにコロコロ変わります。

共通してるのは、泡立ちたっぷり。でもなかなか泡切れしない。髪も長いからザバザバお湯で流して、やっと洗い上がります。

うるおっては泡立ちがけっこうあるのに泡切れがよく、洗ってる間の髪の毛も、泡にまぎれて変に絡まったりせず、素直にまとまってくれています。

洗いやすいじゃないか! これまで、どれだけ洗いにくかったんだ!!!!

という感じです。

シャンプーを流すときは、ついいつものようにザバザバお湯を流してたんですけど、うるおってシャンプーの場合、「泡が頭皮に残らず、髪に適度なしっとり感が残る程度にすすぎ洗い」すればOK。

これまでの洗い方だと、ちょっとお湯を使い過ぎてたかもしれません。だって、泡切れしないんだもの。

何より印象的だったのは、排水口に集まる髪がいつもより少なかったことなんですよね…。

つまり、いつもはかなり抵抗がある中、無理やり洗っていたということです(汗)

「髪の毛が長くなったからだよ」と言い訳しながら見て見ぬふりをしてましたが、これはちょっといけません。

とりあえず、今現在の洗い方には危機的なものを感じたので、なんとかしたいと思います(汗)

うるおってシャンプーの特長は3つ

うるおってシャンプーの色

うるおってシャンプーは透明で、うっすら黄色い色がついてます

うるおってシャンプーの特長をあげると、こんな感じ。

大きく3つのポイントがあります。

・18種類の和洋漢植物を配合
・ヤシ油由来のアミノ酸洗浄剤が主成分
・オーガニックホホバオイルが高配合されているので、名前のとおりうるおい感のある洗い上がり

アミノ酸洗浄剤は、髪や肌と同じ弱酸性。低刺激なので、肌が弱い人や赤ちゃんにも使えるところが魅力ですよね。

うるおってシャンプーは、さらに18種類の和洋漢植物が配合されていて、フケやかゆみ、湿疹など、お肌にトラブルがある人も使うことができるように工夫されています。

※もちろん、薬ではないので、トラブルは皮膚科など専門のお医者さんで診てもらってくださいね

アミノ酸系シャンプーとしてのデメリットは、石けんシャンプーや高級アルコール系のシャンプーに比べると洗浄力がやや落ちるところですが、これは「こまめに洗うことができる」というメリットとも言えるかな。

こうしてみると、管理人が「洗いやすい」と思ったのは、肌なじみがいいと言われるホホバオイルがたっぷり配合されているのがよかったのかもしれませんね。

このホホバオイル高配合という点は、リンスを使わずに、うるおって1本で洗髪することができるというシンプルケアの特長にもなっています。

「わたしの髪、なんかいまいち」と思ってる人、シャンプーを変えるとその感覚が激変するかもしれませんよ。

今使っているシャンプーに特に不満を感じていなくても、たまに変えてみると意外な相性がわかることがあるんだなぁと管理人も改めて思いました(汗)

うるおってシャンプーは600円台で利用できるトライアルセットがあるので、まずはこちらで体験するのがおすすめです。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます