この記事は、[枕カバー] ブログ村キーワードに参加しています

今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバー

人気の「のびのび枕カバー」を品質で選ぶなら、今治タオルバージョン

これから汗をかく季節は、汗をかいたらガンガン洗濯して交換していく必要がありますよね。

寝具の中では、毎日でも洗濯することがすすめられているのが枕カバーです。頭皮は皮脂を出しているので、枕カバーも汚れやすいですもんね。

また、頭は意外と汗をかく場所でもあるので、布団以上に湿気を含んでしまうもの。枕カバーだけでなく、枕自体も定期的に湿気対策のために干す必要があります。

※枕の中材によっては天日を嫌う場合があるので、品質表示を要チェックです

ふんわり感を重視する人はタオル・パイル地の枕カバーがおすすめ

今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバーの表面

伸縮性を持ったタオル生地です

枕カバーは直接肌に触れるもの、そして一晩中使うものなので、感触のよさと耐久性が必要です。

タオル・パイル地は吸水性がいいのでサラッとした感触が特長。ふんわりとした肌触りを重視している人は枕にタオルを巻いてしまう人もいますが、人の頭は体重比で8~13%もあるんですよね。

大体5kgくらいのものが枕にのっかっていることになります。これは、かなり重いですよね(汗)

タオルを巻いているだけだと、寝返りをしているとどうしてもズレてしまうので、フィット感のあるタオル地の枕カバーを選ぶほうが快適。おすすめです。

ベルメゾンデイズの枕カバーには、今治のタオル素材のものがあるので、肌触り重視の人は要注目ですよ。

ベルメゾンの枕カバーでは、去年、一昨年と北欧調デザインの「のびのび枕カバー」が人気でしたが、「今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバー」は、その今治タオルバージョンになるようです。

枕カバーの選び方

枕カバー使用例

今ある枕に合うものを選ぼう

枕カバーを購入する場合、すでに合わせるべき「枕」がある場合が多いですよね。枕カバーを選ぶ場合、デザインだけでなく、「今使っている枕に合うもの」を選ぶ必要があります。

サイズが合わないと、最悪、「枕カバーに枕が入らない!」という事態もあるので(汗)サイズはきちんと測らなければいけません。

でも、枕カバーに伸縮性があれば、多少形が合わなくても誤差を気にせずぴったりフィットしてくれるのでおすすめですよ。

ベルメゾンの「のびのび枕カバー」シリーズは、凸凹のあるような変形枕のような場合でもしっかりカバーしてくれます。毎年人気の秘密は、こんなところにあるのかもしれませんね。

また、伸縮性があるとズレにくく、着脱もしやすくなるので、使い勝手よく利用することができる点も魅力です。

※枕の標準サイズは43×63cm

標準サイズよりやや小さめ、さらにはやや大きめといった変形した形もありますが、標準的な枕ならこのサイズが多いようです。肩幅とほぼ同じ横幅で、男女兼用のサイズ感なんですよ。

ちなみに、「のびのび枕カバー」シリーズもこれくらいのサイズになるようです。

枕カバーのサイズを測るときは、枕から取り外して平らにのばした状態で測ります。

今治品質の枕カバー「今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバー」

リバーシブル

今治タオルバージョンの「のびのび枕カバー」はリバーシブルタイプ

ベルメゾンデイズの今治タオルの枕カバーは、今治タオルならではの品質に、伸縮性のある糸を数百本織りこんで仕上げたもの。生地全体に伸縮性があるので、枕にぴったりフィットしてくれます。

形は両端が開いた筒型をしているので、枕カバーを付け替える際もスムーズに取り替えることができますよ。

何度も洗濯をする夏シーズンにぴったりですよね。

手を拭くタオルに比べると、さすがにそこまでの嵩高はありませんが、両面パイルなので枕カバーにしては厚みを感じさせてくれる生地です。

リバーシブル仕様なので、「カラーバリエーションが地の色で、白のストライプが入ったタイプ」と、「地の色が白で、カラーバリエーションのストライプが入った」2タイプのカラーで使うことができます。

明暗2タイプなので、寝室の雰囲気に合わせやすいところもポイントです。

リストマーク ふっくら気持ちよく、使い勝手もばつぐん

今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバー[日本製]

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます