UVカット・テフロン撥水素材のくしゅくしゅワークキャップ

紫外線カット率約99%以上の頼れるヤツ

ちょっとしたアウトドアにぴったりなポップアップテントが充実している2016年夏のベルメゾンですが、アウトドアでこの時期、気になるのは紫外線ですよね。

レジャーで浴びる紫外線はけっこう多いので、日焼け止めも炎天下のレジャーやマリンスポーツをする際は、SPFは30~50くらい、PAも++~+++を選ぶ必要があります。

しかも、汗をかくと日焼け止めは落ちてしまうので、塗り直す必要があります。

そんなときでも、UVカット約99%以上のこのワークキャップがあれば、徹底的にUVカットすることができるので安心ですよ。

クロス部分は取り外して、帽子のみで使用することもできます。

タウン使用は帽子単体で、アウトドアはクロス利用で

クロス部分

クロス部分はこんな感じ

加齢臭なんて言われてしまう「ノネナール」ですが、胸元や背中の他に、気付きにくいですが耳の後ろや首の後ろもニオイ発生のポイントになっています。

紫外線が当たると酸化してニオイのもとをつくってしまうので、クロスで首の後ろをぐるりとガードしてくれるのはうれしいですよね。

クロスの左右は前で合わせてマジックテープで固定するようになっています。

帽子アップ

帽子の後ろ内側には、しっかりしたゴムが入っています

帽子の後ろ内側は太めのゴムが入っているので、頭にフィットしてくれますよ。アクティブに動いても安心。自転車などの向かい風対策としてもおすすめです。

というわけで、しっかり被るとこんな感じになります。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

クロスは首もとまでしっかりガードすることができるので、目しか出てませんね(笑)

昨今、何かと物騒なことが多いので、完全防備でいると周りの人から怖がられてしまうかもしれませんが、ジェスチャーで「怖い人じゃありませんよ」アピールするといいかもしれません(例・右の写真)

ちなみに、顔を出して、首もとでマジックテープを留めるようにすれば、そんなに怪しくないので、タウン使いでもクロスを使うことができますよ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

それにしても、これだけガッチリ防備していると暑くてムレないんでしょうか… その辺がちょっと心配になりますが、そこは夏の超最強シリーズです。

頭裏は抗菌・防臭のメッシュ素材、ツバと本体の間はベンチレーション仕様になっているので、通気性は確保されているんですよ。

本体はシワになりにくい素材なので、携帯で持ち歩いてもシワになりにくいのが特長。

傘と同じクラスの撥水機能を持つテフロン加工をした素材が採用されていて、クロスも本体と同じく撥水加工があるので、急に雨がふってきても慌てずにすみます。

この点、水辺のレジャーにも安心して使うことができますよ。


ベルメゾン [PR]

ベルメゾンネット

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます