この記事は、[い草ラグ] ブログ村キーワードに参加しています

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

夏になると「い草」素材の敷物が人気。独特の香りと肌触りはリラックス効果ありますもんね。

畳の場合なら「ござ」を使ったりしますが、フローリングだとお尻や体が痛くて「ござ」はちょっと使えません。そんなときは、クッションをきかせた「い草ラグ」がおすすめですよ。

「い草」には、湿気を吸い取ってジメジメを軽減してくれる「吸放湿作用」があると言われているので、「い草ラグ」を利用すれば、ジメジメした暑さでもフローリングで快適に過ごせます。

ふっくらタイプ vs コンパクトタイプ

2016年のベルメゾンデイズのい草ラグは、「ふっくらタイプ」と「コンパクトタイプ」の2種類があります。

先に登場していたのは「ふっくらタイプ」のい草ラグで、続いてコンパクトにたためるい草ラグが登場しました。

現在のところ、「コンパクトタイプ」に人気が集まっているみたいですね。シーズンオフはスペースが有効に使えるところはやはり魅力になるようです。

大阪で開催された勉強会では、「ふっくらタイプ」と「コンパクトタイプ」(標準タイプ)の2種類が展示されていたので、それぞれどんな感じか見比べてきました。

よかったら参考にしてみてくださいね。

ボリューム感で選ぶなら、「ふっくらタイプ」に軍配

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

「ふっくらボリュームい草ラグ(BELLE MAISON DAYS)」はふっくらタイプ。ウレタンの厚みだけで約15mmもあり、全厚だと約17mmもあります。

一方、「コンパクトタイプ」のい草ラグは、ボリュームタイプと標準タイプの2種類があるのですが、ボリュームタイプで約12mm。標準タイプで約6mmです。

厚みで言えば、断然「ふっくらタイプ」のほうがふっくらしています。

管理人の家は畳の部屋ということもあって、ペラッとした「ござ」ばかり使っていたのですが、ボリューム感がある「い草」の座り心地のよさはちょっと感動してしまいました。これは気持ちいいですよー。

勉強会では、「つつケット」と共に「ふっくらタイプ」のい草ラグが展示されていたのですが、この組み合わせは最強だと思います(笑)

(参考)夏の昼下がりのお昼寝に最適!ベルメゾンの「つつケット」

い草ラグに合うもの

左は「つつケット」、右は「先染め楊柳の敷きパッド」

ちなみに、ふっくら感に関しては、「コンパクトタイプ」は「ふっくらタイプ」に負けてしまいますが、薄めの標準タイプでもウレタンが入っているので意外とふっくら感がありましたよ。

普通の「ござ」に比べると、やはり雲泥の差です(汗)

畳&ござでも「お尻がちょっと痛いなぁ」という人は、コンパクトタイプのい草ラグの標準を選ぶのもありかもしれません。

ラグの端っこの”浮き”でいうと、「コンパクトタイプ」のほうがいいかも

ただ、厚みがある分、「ふっくらタイプ」は端っこが浮き気味になるところが気になるところ。展示されていたコンパクトタイプは標準タイプ(約6ミリ)ですが、かなり浮き方に違いがあります。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

「ラグのヘリで躓くのが心配」という人は、コンパクトタイプを選ぶという選択肢もありそうです。

お年寄りがいると、この辺、ちょっと気になりますもんね。

シーズンオフは、やはり「コンパクトタイプ」が便利

「ふっくらタイプ」の場合、真ん中の縫い目のところで半分に畳むくらいでしょうか。厚みがあるので、クルクル巻くのはちょっと大変そう。ゆるく大きく巻いたらいけるかな?

この点、「コンパクトタイプ」は収納時のことを考えて、小さな四角のサイズも小さめに収納しやすく計算されています。

畳んでしまうと、約60cm角までコンパクトになるんですよ。

これは一般的な座布団くらいの大きさといえそうです。

【一般的な座布団の大きさ】
八端判 (Lサイズ) 59cm×63cm
銘仙判 (Mサイズ) 55cm×59cm
木綿版 (Sサイズ) 51cm×55cm

※参考日本工業規格(JIS)

これなら、座布団と同じスペースに並べて収納出来そうですよね。

「コンパクトタイプ」は、スペースを有効活用したい人におすすめですよ。

たたみ方は簡単!スタッフの人に見せてもらいました

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

大きくても180cm×300cmなので、一人でもパタパタっと片づけることができちゃいます(写真は180cm×180cmの大きさ)

収納方法は、陰干しした後、乾いた布でから拭きして、シリカゲルなどの除湿剤と一緒に収納袋などに入れて湿気の少ない場所で保管するようにします。

中にウレタンを使ってるし、い草も日焼けしちゃうので、天日干し厳禁ですよ。

まとめ

こうしてみると、やはり後発の「コンパクトタイプ」がいろいろメリットありますよね。でも、「ふっくらタイプ」の快適さも捨てがたいものがあるんですよ…。

端っこの「浮き」や「収納」で問題がなければ、快適さで言えば「ふっくらタイプ」なのですが。

この夏、あなたならどちらを選びます?

リストマーク ふっくらタイプも折りたためるタイプも厚みが選べるようになりました

厚みが選べる多サイズのい草ラグ[日本製]

厚みが選べるコンパクトに畳めるい草ラグ[日本製]

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます