楊柳敷パッド

寝苦しい夜にぴったり、ベルメゾンデイズの「先染め楊柳の敷パッド」

夏の寝具といえば、最近は触るとひんやりする冷感素材が注目を集めていますが、天然の綿素材のものにも暑さをしのぐ工夫がされた涼しいものがあるんですよ。

表面に凸凹がある楊柳素材もその一つ。2016年はベルメゾンデイズのブランドからも楊柳素材の夏寝具が登場しています。

柳の葉

緑を深めて風に揺れる「葉柳」は夏の季語

「楊柳」(ようりゅう)というのは、横糸に強く撚った強撚糸(きょうねんし)を使って生地の表面に「しぼ」を作ったもので、縦方向に「しぼ」を出したものは柳の葉を重ねたように見えるので「楊柳」と呼ばれています。

なんとも涼やかで風流ですよね♪

ただ、7月18日現在、一部に8月中旬~下旬に入荷予定のものもありますが、すでに売り切れで再入荷の予定がないものも多数出ている人気商品のようです。

よかったら来年の参考にしてくださいね(汗)

昔から蒸し暑い夏にぴったりの楊柳素材

楊柳素材の「しぼ」

「楊柳」の名前は、この「しぼ」から

生地に近づいてみると、よくわかりますよね。表面にけっこうしっかりと「しぼ」があります。

この凸凹があるおかげで肌と接する面積が少なくてすむので、生地が肌にまとわりつきにくいのが特長なんですよ。

汗をかいてもべたつきにくく、サラッとした肌触りなので涼しく過ごすことができるのです。

四隅にゴムバンドがついているので、お布団にセットしやすく、取り外すときも簡単。洗濯回数が増える夏場でもこまめに付け替えてお手入れすることができます。

ゴムバンド

敷パッドの四隅にゴムバンドが付いています

吸汗性に優れた素材なので、大人よりずっと汗っかきな子どもの寝具としてもおすすめです。

勉強会では、管理人もちょっと横になってみました(笑)

敷パッドに寝てみた

中綿が適度に入っているのでフンワリ、寝汗対策にもなります。

敷パッドの中綿にはポリエステルが使われているので、ふんわりした寝心地がありました。

ポリエステルは耐久性があり、繊維が太いので、綿切れすると出てくる「綿ぼこり」が出にくいのが特長です。

今治タオル素材の枕カバーと

今治バージョンの「のびのび枕カバー」とよく合います♪

楊柳素材は昔ながらの素材だけあって、熱帯夜が続く夏の夜はこういう涼やかな素材がいちばんですよね。

同じくベルメゾンデイズブランドの「今治タオルのリバーシブルのびのび枕カバー」とあわせると寝苦しい夜も乗り越えられそうです。

ベルメゾンネット
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます