この記事は、[汗取りインナー] ブログ村キーワードに参加しています

ベルメゾン夏ウェア

ちょっとした「おでかけ」にもおすすめのコーディネート

ベルメゾンの夏ウェアのこの組み合わせ、「駅前のスーパーで特売やってるから、ちょっと行ってくるわー」って感じで、ワンマイル圏内のおでかけに使えそうですよね。

でもこれ、上は「フロントレース汗取りノースリーブインナー」で、下は「タックゆるレギンスパンツ」の組み合わせなんですよ。

それって、汗取りインナー!?

と、びっくりしちゃいますよね(笑)

ほんと、ここまできましたよ、汗取りインナーも。

ちょっと上品、フロントレース汗取りノースリーブインナー

フロントレース汗取りノースリーブインナー

大人っぽいデザインの「フロントレース汗取りノースリーブインナー」

「暑い日でも、下着を着たほうが涼しい」なんてことが言われますが、ムシムシするような暑い日は、できれば重ね着はしたくないもの。

その点、デザイン性のある汗取りインナーは優秀ですよ。

ベルメゾンデイズの「フロントレース汗取りノースリーブインナー」は、汗取りパッドのついたインナーですが、前身頃に幾何学レースを配しているので洋服感覚で着ることができるのです。

前身頃のレース部分アップ

重ね着してる雰囲気の前身頃

まるで重ね着してる雰囲気。これなら透けの心配もありませんよね。

裾のレース部分は少し長めで透いて見えるので、軽やかな動きを感じさせてくれます。甘くなり過ぎない大人の雰囲気。

裾部分アップ

裾部分はレースが透けて、軽やかさがあります

畳んでいる状態だと飛び出して見える汗パッド部分ですが、体にフィットするとそんなに目立たない構造。身頃と同じ綿フライス素材なので肌触りがいいです。

ちなみに、綿フライス素材というのは、生地がゴム編みのような編み方をしているもので、ほどよい伸縮性があるんですよ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

背中は生地が一枚だけなので、カーディガンや上着を羽織っても暑くないのが特長です。

タックゆるレギンスパンツは、きっちり感のある「ゆる楽ウェア」

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

ボトムは「レギンスパンツ」です。レギンスでパンツってちょっとややこしいですが(汗)

下着に近いイメージのレギンスに比べ、レギンスパンツというと、よりパンツに近いアイテムになります。でも総ゴムだから、チャックのあるパンツとはまた違うわけですね。

特に「タックゆるレギンスパンツ」は、まるでチャックがあるかのような「飾り前立て」になっていて、前の左右と後の左右にはポケットが、そして前のポケット口にはリベットがついていて、かなり本格的なデザインになっています。総ゴムなのに(笑)

足首に向かってすぼまっていくテーパードシルエットなので、きちんと決まる感じで履きこなすことができますよ。

でも、左右にタックが入っているので、腰周りに程よいゆとりができて窮屈さがありません。生地にはストレッチ性があるので履き心地も楽ちんです。

そして、ウエスト部分は紐で調節することが可能。

でも、これは好みが分かれるところかもしれませんね。「紐、いらない」って人は、外したり切ったりしてしまえばいいわけですが(汗)

2018年のカラー展開&サイズ展開

2018年のカラー展開&サイズ展開

汗取りインナーは、ネイビー、オフホワイト、レモンイエロー、カーキ、ブラックがあります。

サイズはS、M、L、LL、3L、4L、5L、6L。

7月現在、明るい色合いは売り切れが出ていますが、ネイビーやカーキ、ブラックなど、濃い目の色は在庫があるようです。

ゆるレギンスパンツは、ベージュ、ブラック、ネイビー×オフホワイト、カーキ、チャコール系ストライプ、ホワイトがあります。

サイズは、S、M、L、LL。

7月現在、ほとんどのカラーに売り切れが出てきていますが(汗)オフホワイトは在庫がけっこうあるみたいですよ。

当ブログでは、特集記事にベルメゾンのレディースファッションに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます