この記事は、[ダース・ベイダー] ブログ村キーワードに参加しています

大阪で開催されたベルメゾンの勉強会では、ディズニーアイテムをたくさん見てきたのですが、一風変わったものがいました。質感、光沢、大きさと細部までこだわって再現されたダース・ベイダーのマスク型保冷庫です。

発売時は「ダース・ベイダーの生首」なんて言われ方をしたみたいですが、「生」じゃないのでご安心を!(笑)

どんな感じかは動画を見て頂ければわかると思います。

頭頂部を押さえることで開け閉めができる保冷庫です。

ダース・ベイダーのマスク保冷庫

ダース・ベイダーのマスク型保冷庫は頭頂部を押すとポップアップで開閉できます

等身大で自走式のR2-D2型移動式冷蔵庫は99万8000円(税別)と、100万円もする高価なものでしたが、ダース・ベイダーの保冷庫は19,800円と税込みでも2万円台なんですよ。

これはちょっと頑張ったら手が届くかも!?

ただ、実物大にこだわっているので、容量は350ml缶1本のみ!なんですけどね(汗)

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

ダース・ベイダーの保冷庫は、R2-D2の冷蔵庫を作ったのと同じハイアール・アジアの子会社、旧三洋電機の洗濯機・冷蔵庫部門だった「AQUA」が作っているせいか、中のジュースもキンキンによく冷えてました(笑)

開け閉めする際は押さえる時にちょっと力がいるので、「2万円もするのに、こんなに力を入れて大丈夫ですか!?」と心配になりますが、両手でバランスよくしっかり押さえれば大丈夫… だと思います。

ダース・ベイダーマスクのディティール

質感、光沢、大きさなど細部まで忠実に再現されてます

ショップサイトには、この他にストームトルーパーやC-3POのマスク保冷庫の取り扱いがありますが、映画で実際に使われているプレス音やライトセーバーの効果音が再生されるのは、ダース・ベイダーのみみたいです。

当ブログでは、特集記事にディズニーに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます