木製のテーブルウェア

木製のテーブルウェアは雰囲気ありますね

大阪で開催されたベルメゾンの勉強会では、休日のブランチに使いたい木製の食器も見てきました。

別記事で紹介したBRUNOのホットプレートホーロー製のお鍋によく合いますよね。

おうちパーティーでも、ちょっとおしゃれなカフェ風の食卓を作ることができます。

少し早いけれど、クリスマスの食卓なんかも、こうした木製のテーブルウェアを使うといつもと違う雰囲気で楽しめそうですよ。

ところで、ビーチ材って何?

塩入れと砂糖入れ

緻密な表面で肌触りがよいビーチ材

装飾はミッキーの焼印風ワンポイントのみで、木目が美しい、シンプルなデザインのテーブルウェアです。

使われているのは、ビーチ材。

ビーチ材というのは日本のブナと同属で、緻密な表面で肌触りのよさが魅力です。

丈夫なので北欧風の家具でよく使われている木材なんですよ。北欧デザインが好きな人に喜ばれそうですよね。

もともとは変色や腐食には弱い木材で、水を多用するものには使わなかったみたいですが、近年は技術の進歩で食器にも利用されることが多いようです。

木材としては無味無臭なので、使いやすいということみたいですね。

お椀、コップ

お碗はハイジのスープ椀みたいで雰囲気あります♪

材質としては粘りがあり、衝撃にも比較的強くて割れにくいのが特長。このためか、ショップサイトではおすすめの使用シーンとして「アウトドア」も挙げられていましたよ。

確かに持った感じも軽いので、ポップアップテントでおでかけするときに持っていけば、ちょっとした食卓を楽しめそうです。

パッキン部分

ソルト、シュガーの入れ物は、かなりしっかりしたパッキンが入ってます

アウトドアに、テーブルウェアとしての塩入れや砂糖入れを持っていく人はいないかもですが(汗)

「SALT」や「SUGAR」と書かれた容器はかなりしっかりしたパッキンがついていて、開ける時にけっこう力がいりました。

これは湿気対策ということなんだけど、テーブルの上でコテンッとこけても平気そうでしたよ(笑)

これなら小さい子がいても、お塩やお砂糖を安心してテーブルの上に出しておけそうです。

ミッキーのシルエット風焼き印がかわいい

サラダボウルの焼印

サラダボウルの足跡は、ボウルの外まで続いています(笑)

木目を楽しむシンプルなデザインですが、ワンポイントとしてミッキーのシルエットが焼印風に入っています。

この焼印、ソルト、シュガー、コップ、お椀、サラダボウル、プレートと6種類のミッキーがあるのですが、全て違うポーズをとっていて、ちょっと凝ってますよ。

サラダボウルなんて、お皿の外からミッキーのとこまで足跡がつながっていて動きがあります。

口笛吹いてるのかな?楽しそうですね(笑)

焼印にぐぐっと近寄ってみると、こんな感じ。

(写真をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

シルエットの中に木目が見えて、ほんとにミッキーのシルエットが走っていくみたいに見えますよね。

シンプルだけどユニークなので、長く飽きずに楽しむことができそうです。

木製テーブルウェアのお手入れのしかた・豆知識

ミッキーのテーブルウェアは、水に対する加工がきちんとされているので、基本的に瀬戸物と同じように扱うことができます。

スポンジと食器用洗剤で洗って、柔らかい布で水気を拭きとればOK。

ただし「木製」なので、長く使うためにはいくつか注意点があります。

×カビの原因になったり変形が出る恐れがあるので、長く水に漬け置くのは避ける
×変色や変形が出る恐れがあるので、長時間、直射日光に当てるのは不可
×たわし、みがき粉などは使用しない
×電子レンジ、食器洗い機、乾燥機は、変形したり割れたりする恐れがあるので不可
×カレー、梅干しなど、色の強いものは色移りしてシミになることがあるので、利用を避けるか、直接触れないようにする

この他、強い衝撃も避けたほうがいいみたいです。

ビーチ材は衝撃に強いとはいえ「木」ですもんね。放り投げたり硬いところへぶつけたりするのはあまりよくないようです。

当ブログでは、特集記事にディズニーに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます