この記事は[クロックス] ブログ村キーワードに参加しています

lina suede

今季新登場、女性の足をきれいに見せてくれるlinaシリーズ

先日、大阪でクロックスの2016年秋冬新作発表会があったので参加してきました♪

この記事では、今季初登場のlinaシリーズのシューズをモニターさせていただいた感想を書いています。lina シリーズのフラットタイプのシューズで迷っている人は参考にしてみてくださいね。

今回モニターさせていただいたのは、linaシリーズのフラットタイプシューズです

crocs linaシリーズ

グラフィックが華やかなlinaのフラットタイプシューズ

2016年秋冬は、クロックスなのにすっきりとしてモダンなデザインのlinaシリーズが新登場。

クロスライト素材、スエード素材と種類があり、クロスライト素材には、フラットタイプ、ウェッジタイプといった選択肢があります。

フラットタイプのシューズと言えば地味な印象になりがちですけど、グラフィックがプリントされたlina flatなら大胆なおしゃれが楽しめるのが特長です。

もちろん、クロスライト素材で作られたアイコニックコンフォートなので、一日中、ソフトで軽い履き心地で過ごせるシューズです。

【クロックス豆知識】
2016年秋冬から快適さを表す3つのコンフォートレベルの表示が登場。ショップサイトの商品ページでも大きく表示されています。好みの履き心地を探してみてくださいね。

・アイコニックコンフォート … クロスライト素材を使ったクロックスならではの履き心地のシューズです
・デュアルコンフォート … 二重のクロスライト、またはクロスライト+PUなどの二重構造でクッション性をさらにアップさせたシューズです
・トリプルコンフォート … クロスライトのアウトソールに、クッション性の高いフットベッド、さらに低反発素材をのせているので、クッション性に加えて独特のフィット感も発揮してくれるシューズです

で、グラフィックがプリントされたフラットタイプには、レース柄の「shiny」、花柄の「luxe」、レオパード柄の「graphic」があるのに、見事レオパード柄に大当たりしたのでした。

…管理人、関西人ですが、生まれてこのかたヒョウ柄なんて身につけたことありません。

こんな人間がレオパード柄なんて履いて大丈夫でしょうか? クロックスさん(汗)

というわけで、レオパード柄です

レオパード柄

レオパード柄のlina graphic flatが大当たり

今回モニターさせていただくことになったのがこちら。crocs lina graphic flat w(クロックス リナ グラフィック フラット ウィメン)です。

レオパード柄

ヒョウ柄を日差しの下、間近で見ると迫力があります(汗)

日差しの下で見ると、実に生き生きとしたヒョウ柄ですよ(汗)

「やっぱ、目立ちますなー」と躊躇していたら、「かっこええやん」とsumi父が慰めてくれました。

ありがとう父ちゃん。頑張って履いてみるよ。

というわけで、履いてみたのがこちら。

lina graphic flat着用

ヒョウ柄を履いてみました

おや? 意外と変でもない?(汗)←ちょっと安心した

そういえば、フラットタイプは足の甲を大きく出したパンプスのような形をしています。実際に履いてみると、目に入ってくるヒョウ柄はそれほど面積がないんですよね。

この適度な面積が、レオパードの強めの印象を程よいアクセントに変えてくれているようです。

シューズを上から見たところ

ヒョウ柄の面積は意外と少なめ

クロックスのスタッフの方も、冬ものはファッションも地味になりがちなので、レオパードのような柄を足元のアクセントにもってくると引き立つんですよといったことを言われてました。

それは確かにそうなのかも。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

パッと見は、「わ、ヒョウ柄だ」とびっくりしてしまいますが(笑)

レオパード柄としては主張しすぎないデザインらしいので、程よいトレンド感として履きこなすことができるみたいです。

ただ、今回もサイズ選びには迷いました(汗)

今回のサイズ選びはW6にしてみました

大きかったシューズ

W7でサイズ選びに失敗した例

前回、crocs Marin Colorlite Wedge W(マリンカラーライト ウェッジ ウィメン)では大失敗をしてしまったので(汗)

今回は思い切ってW6(22cm)を選びました。

管理人は靴の幅(ワイズ)によって微妙にサイズが変わるのですが、冷え性気味なこともあってジーンズスタイルで靴下を愛用、日ごろはアッパーがしっかりある紐靴タイプのシューズで23.0cmくらいを履いています。

でもそういえば、ベネビスのお試し履き会では「あなたの足は22.5cm」と宣言されてたんですよね(忘れてたけど)

ここはやはり「いつもの靴サイズ」ではなく、ベネビスで計測してもらった数字を信じるべきでしょう。

でも、W6って、クロックスの一覧表で言うと22cmなんですが、ほんとに22cmだったらちっちゃくて履けないことになるんですよね、大丈夫なんでしょうか? ドキドキ。

あんまり心配だったので、モニター商品を手にするまでは「クロックスは大きめサイズだから大丈夫、クロックスは大きめサイズだから大丈夫…」と呪文のように唱えておりました。

結論はジャストサイズだったみたいです、よかった♪

でも注意点は、素足で歩くと、かかとがすっぽ抜けてしまうことでした…(汗)

素足だと前滑りしてしまうようです

素足で履いた場合

素足でかかとを合わせると、なんとなくブカブカ感が…

こういう足の甲を出したシューズって、雑誌なんかではモデルさんは素足に靴を履いてるように見えますよね。

なので、管理人も最初は素足で履いてみようとしたのですが、歩くたびにパカパカとかかとが脱げて歩けません。

またもや大きすぎたのか!?(涙)

調べてみると、足の幅が靴の幅(ワイズ)に合わないと、靴の中で足が前滑りして、かかとに空間が開いてしまい、パカパカと脱げやすくなるようです。

一方で、足指は靴の先で窮屈になってしまうので、親指や小指が圧迫されて痛くなってしまいます。

この状態をそのままにしていると、ハンマートゥなどの足の障害を起こしやすくなってしまうので、靴を変えるか、足のアーチを支えるような立体感のある中敷きを使って前滑りを防ぐ必要があるようです。

「100均で中敷きを探そうかなー、でもクロスライト素材は履き心地のよさが命だから、改めて中敷きっていうのもなー」と悩みつつlina flatの特長を調べていたところ…。

マイクロファイバー製のライニング

マイクロファイバー製のライニングがついています

linaシリーズのフラットタイプとウェッジタイプには、フットベッド部分にマイクロファイバー製のライニングがついているのに気がつきました。

そういえば、発表会でもスタッフの方がそんなことを言ってましたよ。←おい

このマイクロファイバーは、ストッキング、タイツ、ソックスなどでも滑りにくくするためについてるのですが、素足で前滑りする場合にストッキングをはいてみたらどんな具合なんでしょう?

ということで、はいてみました。

ストッキングをはいた場合

ストッキングをはいてみた

どうでしょう? 素足だといかにも「ブカブカしてます」といった感じで出ていたすき間が、ストッキングをはくとなくなっています。

歩くときも、シューズのかかとが足のかかとにちゃんとひっかかって、すっぽ抜けることはありません。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

横から見ると、こんな感じ。

やはり、ブカブカした陰がありませんよね。いきなり足がむくんだわけじゃありませんよ、念のため(汗)

でもよかった、これなら履けそうです。

ストッキングって、靴を履くときに意外と大切なアイテムだったんですね。

そういえばニッセンの勉強会でも、素足にパンプスを履いているように見えて、ちゃんと靴下のようなものを履いているスタッフさんがいらしたのを思い出しましたよ。

(参考)軽くて、しなやか。ニッセンのトラベルキャリーバッグ

調べてみると、フットカバーというものみたいですね。

こういうのも、サイズ調整として利用できそうです。足の甲が開いているlina flatの場合、「浅履きフットカバー」というものを選べばいいみたいですよ。

ストッキングばかりというのも味気ないので、これからはこうしたフットカバーとも組み合せてlina flatを楽しんでみようと思います。


クロックス [PR]

クロックス 公式オンラインショップ

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます