この記事は[塩石けん] ブログ村キーワードに参加しています

なごころ化粧品

なごころ化粧品、いろいろ

プルミエグランの美容ソルトを使ったコスメを体験してから、塩にちょっと興味が出てきた管理人。同じく塩を使った石けんがあるということを知って、大阪で開催された勉強会に参加してみることにしました。

紹介されていたのは、なごころ化粧品の「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」です。

「はちみつまぶしてつくったお塩の石けん」は、お塩とはちみつが配合された石けんです

はちみつまぶして作ったお塩の石けん

はちみつまぶして作ったお塩の石けん

名前のとおり、お塩と、はちみつが配合されているのですが、この2つの成分はお肌にとって、それぞれうれしい特長があるみたいですよ。

お塩が持つ力・毛穴の汚れを落とす

パウダー状の塩

使われているお塩はサラサラのパウダー状

お塩を配合した石けんは、お塩が持つ浸透圧の力で、泡だけでは落とすことができない毛穴の余分な油分や汚れを取り除いてくれます

そして、「はちみつまぶして~」に配合されているお塩は、細かくパウダー状に加工されたものが配合されているので、石けんの中にお塩の粒々が入っているわけではないというのが大きな特徴です。

しかも、「玄界灘の塩」と「瀬戸内海の塩」をブレンドしているという、こだわりのお塩です。

玄界灘は、対馬暖流の栄養豊かな海水が流れることで良質な漁場としても有名な場所。

海水をとっている加唐島は、近くの港から20分ほど離れている場所なので、生活排水などの影響が少ないという特長があります。

このきれいな海水のみを原料に、60度の低温でお塩に加工しているので、バランスのいいミネラルそのままにお塩に加工されているというわけです。

そして、瀬戸内海は、日本の塩の原点ともされる藻塩焼きのふるさと。その歴史は古墳時代にまで遡ります。

「はちみつまぶして~」に使われるのも、細かなパウダー状のお塩です。

パウダー状の塩

触ってみると、塩というより片栗粉か何かみたい

この2種類のお塩を写真のようにサラサラに細かく砕いて配合しているので、「はちみつまぶして~」は、お塩からイメージするようなザラザラ感が全くない使い心地になっています。

石けんに配合されるお塩の実物を勉強会でも見せてもらったのですが、ほんとにサラッとしていて、片栗粉か何かのようでしたよ。

だけど、なめるとちゃんとお塩の味がします(笑)

食卓塩みたいに尖った塩味ではなくて、まるみのある、後からしっかり「あ、お塩」と感じる味わいでした。

けっこうおいしいお塩でした♪

はちみつの持つ力・しっとりした保湿力

はちみつまぶして作ったお塩の石けん

はちみつの他に、ヒアルロン酸、アスタキサンチンといった保湿成分が含まれています

他メーカーの製品でも、「はちみつ洗顔石けん」というものがあるくらい、はちみつを配合した石けんは、お肌のうるおいを守りながら汚れを落としてくれるのが特長です。

洗った後もしっとりしてツッパリ感がないので、使い心地のよさが魅力。

「はちみつまぶして~」は、さらにヒアルロン酸、アスタキサンチンと、保湿と美肌を重視したレシピでしっとりした洗い上がりに仕上げられています。

こうして見ると、お塩と、はちみつ、それぞれ単独でもずいぶんお肌によさそうですよね。

ただ、お塩にしても、はちみつにしても、石けんの油分との相性が悪く、通常の作り方では固まらないという大問題があります(汗)

くにかねさんの特殊技術で生まれた特別な石けん

石けんを叩き合わせて音を出しているところ

石けんどうしを叩き合わせると、カチカチと澄んだ高い音がします

「はちみつまぶして~」が、お塩とはちみつをどちらも配合することができたのは、1平方cmに2tの力を加えて石けんを作る、くにかねさんの特殊技術のおかげです。

実は「はちみつまぶして~」の石けんどうしを叩き合わせると、「カチカチ」と澄んだ高い音がするほど固いんですよ。

実際に、叩いているところを動画に撮ってみました。

実は管理人、「はちみつまぶして~」という名前から、ドロッとしたイメージを思い描いていたのですが(汗)実際の石けんはまるきり逆なんですね。

成人男性30人分というものすごい力をかけてギュ~ッと押し固めるこの製造方法は、この他にもお肌にうれしいいろいろな特長を生み出しています。

配合されるお塩は高濃度!

「はちみつまぶして~」に配合されているお塩は20%にもなります。

通常の作り方だと、数%程度しか配合することができないというから、すごい高濃度ですよね。

塩石けんは普通の石けんと違い、石けんカスを残さずに洗い上げることができるのが特長なのですが、これだけお塩の濃度が高いと、お肌にも優しく使うことができそう。

高濃度にお塩が配合されているといっても、ピリピリした刺激はほとんどないので、お肌が敏感な人でも使うことができます。

毛穴汚れをきちんと落としてニキビやアセモを予防したいという人にぴったりです。

顔だけでなく全身に使えるので、胸元や背中のニキビが気になる人にもおすすめですよ。

タオルの摩擦を気にして、日ごろから手で体も洗うという人は、お風呂で顔を洗うついでにそのまま全身を洗うこともできるみたいですよ。

圧力だけ!水や熱を加えない!

美肌にアプローチするヒアルロン酸は、鶏の軟骨やフカヒレ、魚の眼などにも含まれる成分ですが、40度以上になると破壊されてしまう繊細なもの。食品として利用するのは難しいと言われています。

「はちみつまぶして~」は、くにかねさんの特殊技術で、熱を発生させずにギューッと圧力だけで作るので、配合した美容成分を壊さずに作ることができます

ギューッと圧力だけで作る方法は、この他にも界面活性剤や香料などの添加物を一切使わずに作ることができるというメリットがあります。

実際、「はちみつまぶして~」に使われているのは、石けん素地、海塩、蜂蜜、ヒアルロン酸、アスタキサンチンの5種類のみというシンプルレシピ。

「敏感肌で余計なものは使いたくない」という人にぴったりのスキンケアです。

界面活性剤や香料などの添加物も一切入っていないので、赤ちゃんや子どもにも使うことができるそうですよ。

とても固いから長もち!

(小さな画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

2tの力で圧縮しているので、石けんはカチカチ。石けんの中に水分が入りこみにくいので、湿気の多いお風呂場に置いていても溶けにくいそうです。

目安としては、洗顔に使って2カ月、ボディにも使って1カ月とされているのですが、実際はもっと長もちするみたいですよ。むちゃくちゃコスパのいい石けんなんですね。

石けんで何が面倒臭いって、「使った後は必ず乾燥させる」という取り扱いにあるのですが、この点をあまり気にしなくていいというのはかなり楽ちん。

石けん初心者さんや、塩洗顔に初めてチャレンジする人におすすめです。

「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」に弱点はないのか!?

泡立て

泡立てネットで泡立てるとぽってりとした泡ができます

メリットが多そうな石けんですが、もちろん弱点はあります。

使われているのは、石けん素地、海塩、蜂蜜、ヒアルロン酸、アスタキサンチンの5種類のみで界面活性剤や香料などの添加物は一切使われていないのですが、加えてさらに、発泡剤さえも入っていません

泡立ちにくいのが欠点なんですね。石けんですけど(汗)

普通の石けんの感覚で、手で泡立てようとするとけっこう大変なので、泡立ちネット必須です。

泡立ちネットを使えば、スピーディーに、かなりモコモコの泡を作ることができます。

勉強会で見せてもらったのは、もっちりした泡に見えましたが、触ってみると意外とやわらかなフワッとした泡立ちでした。

実際の泡立ちを手の甲で体験

泡立ちは水の加え方で加減することができます

これは、水分を少なめにすると、きめ細かな泡に。水分を多めにすると、やわらかめの泡になるみたいです。

自分で調節できるという点は、ちょっといいですよね。

こんなふうに、泡立ちには少しクセがありますが、一方で泡切れのよさは魅力。どんな感じか動画に撮ってみました♪

キュキュッとした洗い上がりなのに、突っ張らないところが◎

ヌルッとした残り方をしないので、扱いやすいです。

管理人のような普通肌だとこの程度の感想ですが、お肌が乾燥気味の人はかなりしっとりとした洗い上がりが実感できるみたいですよ。

勉強会でも「指先の乾燥が気になる」と言われていた方は、かなりの違いを自覚されてたみたいです。

管理人もお肌を触らせてもらったのですが、石けんで洗っていない手の甲と、石けんで洗った手の甲は触った感じもまるで違ってました。

ミネラルが豊富な海塩と美容成分で潤いをとどめてくれるので、石けんだけでも十分しっとりとしているんですね。

毎日のケアでも、石けんで洗った後は、仕上げにお気に入りの化粧水やクリームなどで簡単にケアしておけばOKです。

店長さんの手

東急ハンズの実演販売で活躍されてる店長さんの手

ちょっと魅力的なのが、お塩で洗うと余分な角質を落としてくれるので、お肌も透明感のある洗い上がりになるのが特長です。

店舗の実演販売に活躍している店長さんの手を拝見すると、ほんとに色が白いですよね!

管理人も石けんの実物をいただいたので、ちょっとスキンケアを頑張ってみようと思います(笑)

なごころ化粧品は、シンプルでお肌に優しいスキンケア化粧品

「なごころ」というのは、「なごむ」と「心」からできた造語で、心もお肌もなごむスキンケアということ。

桜、塩、へちまといった日本古来からある素材に美容成分をプラスして、こだわりのレシピで作られているのが特長です。

「はちみつまぶして作ったお塩の石けん」という商品名は知らなくても、東急ハンズで実演販売が人気ということなので、見たことがある人がいるかもしれませんね。

10月22日現在、ハンズのショップサイトを見ても在庫が少ない店舗が多いみたいなので(汗)気になる人は、なごころさんのショップサイトを直接覗いてみたほうがいいかもしれません。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます