アニマルジャンプスーツ パンダ

パンダの白黒ツートンカラーは程よいバランスの配色

ベルメゾンの勉強会で、年賀状の干支写真にも活躍してくれる子ども用アニマルウェアを見てきました。

この記事では、干支とはちょっと関係ないけど、ニワトリと同じく2016年秋冬に新登場したパンダのジャンプスーツがどんな感じだったかご紹介します。

ニワトリ・バージョンですが、実際に着るとどんな感じかはこちらの記事を参考にしてくださいね。

【こんなアニマルウェアを見てきました】
アニマルジャンプスーツ ニワトリ(別記事に掲載)
アニマルジャンプスーツ ヒツジ(別記事に掲載)
・アニマルジャンプスーツ パンダ(この記事です)
アニマルジャンプスーツ クマ(別記事に掲載)

人気のパンダ・デザインはやっぱりかわいい

アニマルジャンプスーツ 帽子

帽子は耳の部分が黒、シンプルにパンダを表現してます

帽子はジャンプスーツと別になっていてフード風の帽子として着用するのですが、パンダは白に黒い耳がついているので、これ単体でもけっこうインパクトあります。

単体で利用してもかわいく使えそうですよ。

パンダ 首周り

パンダの首周り部分はツートンカラー

首周りは、パンダもシンプルなデザインですが、黒白のツートンカラーなのでメリハリがあってやっぱりかわいい。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

袖口はこんな感じ。写真左は普通の袖口で、写真右はひっくり返して足跡を出した袖口です。

ほんとのところ、パンダの黒色は前足と後足が黒いのですが、ここを忠実に表現している着ぐるみって、黒が勝ちすぎるパターンが多いんですよね。

ベルメゾンのアニマルジャンプスーツは足先だけが黒。ベビーが着るなら、このくらいがちょうどいい色の配分なのかもしれません。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

というわけで、足の部分は他の動物と違ってけっこう複雑になっています。途中まで白ですが、足の甲が黒、足の裏は薄めのベージュです。

前から見た時は足の甲の黒い部分が、ハイハイ姿を後ろから見ると、足裏のベージュの部分がワンポイントになります。

ジャンプスーツはスナップボタン留めで、股下も全開スナップボタン留め、帽子部分は2段階調節が可能なスナップボタンになっています。

サイズは50~70で、総丈61cmです。

当ブログでは、特集記事にベルメゾンの子供服のお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます