この記事は、[雪平鍋] ブログ村キーワードに参加しています

料理する際のことをきちんと考えられた調理器具は、調理もスムーズなので毎日の食事の準備が楽ちんになりますよね。

ベルメゾンデイズの雪平鍋もその一つ。

ベルメゾンの勉強会で、鍋専門の老舗メーカー「中尾アルミ」の長年の技術とベルメゾンデイズのこだわりがコラボした雪平鍋を見てきました。

雪平鍋の魅力は、軽くて丈夫&熱伝導のよさ

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

鍋の表面を細かく彩る「打ち出し」は、アルミを細かく打ち出すことで、しっかり締まって丈夫にする加工技術。ベルメゾンデイズの雪平鍋は底のほうまで全面を細かく打ち出ししているので強度があります。

良質なアルミは熱伝導が高いのが特長ですが、この打ち出しを施すことで表面積が広がるので、熱伝導率をさらにアップする効果があります。

必要なときにすぐにお湯を沸かすことができるのは、こうした工夫があるからなんですね。

鍋の形

緩やかなカーブも熱伝導が考えられています

何気ない鍋の丸みも、鍋の中で起こる対流を計算した老舗メーカーならではの形なので、全体にじんわりと火が通ってくれます。お料理もおいしく仕上がりますよ。

ベルメゾンデイズは、ここからさらに「おいしくできる鍋」、「毎日使える使い勝手がいい鍋」を目指して作られています。

使いやすさの秘密は、液だれしにくいペリカン口

ペリカン口

注ぎ口は大きく鋭角になった「ペリカン口」だから、液だれしにくい

雪平鍋には、尖った注ぎ口の反対側に簡易注ぎ口がついていて、両方から注ぐことができるようになっているのが特徴です。

尖ったほうの注ぎ口は、一般的に「カラス口」というのですが、液だれしない雪平鍋の注ぎ口は、中尾アルミのお鍋でも「ペリカン雪平」という形。注ぎ口が大きく鋭角になった「ペリカン口」になっています。

特長は、液だれしにくいところです。

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

一般的なものだと、始めから液だれしながら注いでいたりするものがありますが(汗)

ペリカン口は水の流れもスムーズで、注ぎ終わりも液だれせず、ピタッと止まってキレッキレなのです。記事の最初に撮影してきた動画を掲載しているので参考にしてみてくださいね。

ベルメゾンデイズの雪平鍋は、業務用のものに比べると、ずっと上のほうに注ぎ口が設けられているので、収納性がアップしているところが魅力ですよ。

ベルメゾンデイズは柄の部分も職人さんが作ってます

(画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

雪平鍋の柄の部分は、焦げたら取り替える消耗品です。そのせいか、素直に真ん丸な形をしているものが多いようです。

でも、お鍋は水が入ると、その分、重くなるんですよね。持つところがいまいちだと、それがそのまま使い勝手の悪さにつながってしまいます。

ベルメゾンデイズの雪平鍋に使われている柄は、「触ってみないと分からない」ということで、木柄職人の方が何度も試作してくれた試行錯誤の結晶です。握りやすいように、わずかに凸凹をつけた形にしあげられているんですよ。

「BELLE MAISON DAYSのモノ語り」によると、持ちやすさを重視して、形の工夫だけでなく、さらに木柄を少しプレスしているらしいですよ。

(参考)BELLE MAISON DAYSのモノ語り~液だれしにくい雪平鍋

出っ張りのない付け根部分

鍋にネジの出っ張りがないので、汚れが溜まらない

そして、柄の付け根も要注目。柄を取り付けているネジと見比べると、鍋側に接着しているネジの部分は頭が出っ張っていません。

これも日頃の使い勝手のよさを重視した工夫で、汚れがたまりやすい出っ張りを減らしているんですね。

写真に撮れていませんが、鍋の内側も出っ張りはなく、つるんとしています。

柄の金具

引っ掛けて収納することができます

そして、必要になったらサッと取り出して使えるように、柄の先には引っ掛けて収納できる金具がついています。

行平鍋はいつも身近に置いて使いたい調理器具ですが、柄の部分は意外と引っ掛ける穴とか金具がついていないものが多いので、こんなところもちょっとうれしいですよね。

サイズ展開は4種類

雪平鍋

料理の用途に合わせてサイズを選ぶのがおすすめ

ベルメゾンデイズの雪平鍋は、15cm、18cm、21cm、24cmと4種類のサイズ展開があります。

料理する人数で決めてもいいのですが、雪平鍋は、煮る、ゆでる、炒めて煮る、さまざまな調理に使えるのが特長。

スタッフの方に伺ったところ、15cmとか18cmの小さめサイズが人気のようですが、サイズ展開は調理の際の熱伝導も考えられて作られているので、どんな料理に使うのか用途で選ぶのがおすすめですよ。

右利きさん、左利きさんそれぞれに使いやすいように、注ぎ口が右タイプ、左タイプの2種類があるので、利き腕の使い勝手やお台所の構造で選ぶこともできます。

それぞれのサイズはこんな感じ。

カタログには容量が明記されていないのですが(汗)半径と鍋の高さから大体の容量を計算してみました。

お鍋の深さではなく高さなので、柄が上に飛び出した部分でかなり誤差があると思いますが、よかったら選ぶ際の目安にしてみてくださいね。

参考に、同じ内径サイズの中尾アルミのペリカン雪平の容量を併記しています。

雪平鍋・横から見たところ

【15cmサイズ】
容量は、半径7.5cm×半径7.5cm×3.14×高さ12cm=2119.5cc=2.1Lくらい?
参考・中尾アルミの15cmペリカン雪平は6cmの深さで満水0.9Lくらいになるようです

味噌汁やミルクのあたためにおすすめ。

【サイズ18cm】
容量は、半径9.0cm×半径9.0cm×3.14×高さ13.5cm=3433.59cc=3.4Lくらい?
参考・中尾アルミの18cmペリカン雪平は7cmの深さで満水1.6Lくらいになるようです

袋のインスタントラーメンを作るときなどに使い勝手よく使えるサイズ。

【サイズ21cm】
容量は、半径10.5cm×半径10.5cm×3.14×高さ13.5cm=4673.49…cc=4.7Lくらい?
参考・中尾アルミの21cmペリカン雪平は8cmの深さで満水2.4Lくらいになるようです

ブロッコリーなど野菜をゆでるのに使い勝手よく使えるサイズ。

【サイズ24cm】
容量は、半径12.0cm×半径12.0cm×3.14×高さ14.5cm=6556.32=6.6Lくらい?
参考・中尾アルミの24cmペリカン雪平は9cmの深さで満水3.7Lくらいになるようです

パスタのゆでなどにも使える大きめサイズ。


ウォールステッカー.com [PR]


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます