ベルメゾンネット

毎日をたのしく彩るおしゃれ服ブランド「プチ エディテ」(petit Editer)、子どもとママにやさしいブランド「ジータ」(GITA)、オシャレ親子のハッピーデイズブランド「ファミーユファボリ」(Famille favori)、トレンド満載ティーンズ向けのブランド「パペル ラピス」。

ベルメゾンのカタログ「チャイルド」(child)には、いろいろなオリジナルブランドが掲載されていますよね。

この春は、さらに雨の日向けの新ブランド「チャルコ」(charco)がデビューしています。

雨の日の登校は大変

小さな子どもにとって、雨の日の登下校やおでかけは大変ですよね。長靴を履くと、動きやすい運動靴のようには歩けないし、ランドセルを背負っていると、傘をさすだけで精いっぱいということも。

こんなふうに雨具が負担になっていると、交通安全のほうは大丈夫かなとちょっと心配になってしまいます。

ベルメゾンのレインスタイルブランド「チャルコ」なら、カラフルポップな色彩とキュートなデザインで雨の日がもっと好きになるかもしれませんよ。

もちろん子どもが使いやすくて、安全面にもちょっとした工夫が光るアイテムがそろっています。

デビューアイテムは4種類

1月現在、カタログ、ネットショップとも4種類のアイテムがあります。

レインポンチョ


撥水ポンチョ(charco/チャルコ)

かわいいバイカラーのレインポンチョは、同カラーでおそろいの収納ポーチもセットでついています。

ポンチョだから被るだけでOKってところがいいですよね。フードの周囲は透明窓で、視界も確保されています。

背中側には再帰反射テープ(受けた光をそのまま光源に跳ね返すテープ)がついているので、視認性も◎

レインコート


撥水コート(charco/チャルコ)

こちらは「チャイルド」4月号の裏表紙に掲載されているレインコートです。おしゃれな色合わせが雨の日でも気持ちをアップしてくれそうですよね。

袖口はゴムで絞っているので、雨も入りにくくなっています。フード周りは透明窓。再帰反射テープが裾の周りにぐるりと取り付けられています。

レインブーツ


シンプルレインブーツ(charco/チャルコ)

チャルコのレインポンチョやレインコートとコーディネートしたいレインブーツです。

ラベンダーやグレージュ、ミントなど、他にはちょっとないカラフルな色使いが印象的。でも、派手な感じではなく、どこか落ち着いた和の雰囲気を感じさせるカラー展開です。

キッズ向けのレインブーツで気になるのは重さですが、ショップサイトによると、19cmサイズで片足の重さが約330gです。

人気のHUNTERのキッズ向けのものを調べてみると、19.0cmサイズ(高さ21cm、つつ周り31cm)で、片足の重さは320g~370gくらいになるみたいなので、チャルコのレインブーツはどちらかというと普通くらいになるのかな。

足元があまり重いと歩きにくさに直結してしまうので、この点は要チェックです。


傘(charco/チャルコ)

子どもが傘を扱うと指を挟んだりすることがありますが、チャルコの傘は手動で安全ストッパー構造を採用しているので安心。

写真は「ネイビー×トマト」ですが、ポンチョやレインコートと同色のバイカラーでカラーバリエーションがあります。

カラフルで明るい色彩は、周囲の視認性もよさそう。小間(こま)の一部は透明窓になっているので、子どもの視界も確保できそうですよね。

小間の端のほうには再帰反射テープがついています。

こんな感じで、デビューしたばかりの現在はまだ4アイテムのみの登場ですが、これからどんな商品が登場するのかちょっと楽しみなブランドです。

ベルメゾンネット
この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます