ライトセーバー

今回の勉強会ではライトセーバーが展示されていました!

スターウォーズといえばこれ。ライトセーバーですよね。光るだけじゃなく、シビシビ、ビシビシ音もしますよ。

管理人もちょっと持たせてもらったんですけど、けっこうずっしり重いんですね。落っことさないように、そーっとスタンドに戻しましたが。

このライトセーバー、勉強会でも注目を集めていたのですが、ベルメゾンのディズニーファンタジーショップで取り扱っているのはそちらじゃなくて、スタンドのほうです(笑)

盲点だったかもしれませんが、ライトセーバー専用のスタンドです

ライトセーバースタンド

取り扱い商品はこちら、「ライトセーバースタンド」です

ライトセーバーには付属のスタンドがあるようですがデザイン性のあるものではなく、ディスプレイするにはちょっと物足りないそうで、だからといってそのままだと置く場所に困るんだそう。

ガラスのように見えるブレード部分は樹脂製で、ライトセーバーどうしを打ち合わせることで音の変化が楽しめるようになっているのである程度の強度はありますが、やはり置く場所には気を配りたいわけで、ならば専用スタンドを作りましょうということで誕生したのがこちらのスタンドです。

大切なライトセーバーをカッコよく飾るためにデザインも凝ってますよ。台座部分の前面にはスター・ウォーズロゴがプリントされています。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

背面には窓があって、アクリルが入っています。ここには、名言「MAY THE FORCE BE WITH YOU」(フォースと共にあらんことを)の文字と、反乱同盟軍と銀河帝国のシンボルマークがプリントされています。

さらに背面上部には星の中を進むようなイメージの中、映画のオープニングでお馴染の「A long time ago in a galaxy far, far away….」(遠い昔、はるか彼方の銀河系で….)という一節が入ってますよ。

展示されていたのは3本を縦置きできるBタイプですが、1本を横置きできるAタイプもあって、全部で2種類のスタンドがあります。

1本置きはとっておきの1本を飾るのにおすすめみたいですが、でも、親子で殺陣を楽しんでいるという人や、はまると1本では済まないという人もいるようなので、3本置きのBタイプがあると安心ですよ。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

材質は繊維板(MDF)で、ラッカー塗装が施されています。

MDFというのは木材を繊維状にしたものを板状に成形したもので、学習机にも使われているのでお馴染の材質。

直線的なデザインしか作ることができないので、ちょっぴりチープな感じに見えるかもしれませんが、無垢と違って節などがなく、均質なので反りやねじれが生じにくく安定した強度が魅力です。

「ライトセーバーのために、きちんとした置き場所が欲しいな」と思っていた人は要チェックです。

当ブログでは、特集記事にディズニーに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます