ITメディアのマストドンがトゥートしてるのを見たんですけど、Huluで動画が再生できないトラブルが起きているそうです。

確かに5月24日現在、Google Trendsで「Hulu 解約」というキーワードで見てみると、すごい急角度で伸びていますね(汗)

5月17日にリニューアルした際、コンテンツ保護を理由にデバイスの一部が対応終了してしまうことが原因です。

終了してしまうデバイスはリニューアルの5月17日に集中していて、SONY、NINTENDO、Panasonic、SHARP、スマートフォン・タブレット、パソコンとそれぞれ複数が該当するようで、けっこうな数が対象になってるみたいです。

推奨環境も変わっていて、Windows7の「Internet Explorer11」で視聴する場合、Silverlightのインストールが必須となっているので、パソコンで見ていた人はこの点も要注意。

※Windows8.1以上であれば、Internet Explorer11で視聴する場合でもプラグインなしで見ることができます

この後もいくつか終了するデバイスがあって、8月31日には東芝のDBP-S300(BDプレーヤー)が、9月15日にはNTT西日本の光BOX+HB-100が、10月5日にはLGのテレビやBDプレーヤーの一部で、そして10月18日にはMicrosoftのXbox360の対応も終了するみたいです。

サポート期間が終了してしまうと、アプリケーションの起動や動画の視聴ができなくなってしまいます。

昨年度中に事前告知はあったみたいですが、でもそんなに気軽に買い替えできない機器もあるので、こういう変更で視聴できなくなってしまうのは困っちゃいますよね。

対応デバイスが多ければそれだけ見る環境を選ばないことになるわけですが、今のところ「U-NEXT」がいちばん多いみたいで、今回Huluで終了するソニーのテレビだけを見ても、2012年モデル、2011年モデル、2010年モデルともU-NEXTは対応しているみたいです。

「自分の環境を変えずに安心して動画が見たい!」という人は、こうした対応デバイスのチェックは大切なポイントになってきそうです。

リストマーク U-NEXTには31日間の無料トライアルがあります

U-NEXT~日本最大級のビデオ・オン・デマンド~

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly