フライドオニオンベーグル

ベーグルは手作り初心者さんにおすすめのパン

大阪ガスのハグミュージアムで、ベルメゾンとマンスリークラブで取り扱っているパンミックス粉を使ったパンづくりを教わってきました。挑戦したのは、オニオンベーグルです。

ベーグルはもともと発酵時間が少ないので、初心者さんも挑戦しやすいパンってことみたいですね。通常のパンが3~4時間くらいかかるところが、1時間ちょっとでできるパンです。

でも、マンスリークラブの「30分でいろいろパンミックス」なら、30分でできちゃうんですよー(笑)

というわけで、この記事ではオニオンベーグルの「こね作業」を中心に、おいしく作るポイントを交えながらご紹介します。

オニオンベーグルを焼こう! と、思いついたら、これだけ準備

【材料】
30分でいろいろパンミックス
 パンミックス 1袋(220g)
 ドライイースト 1袋(4g)
砂糖 10g
ぬるま湯(人肌程度)35~40℃ 140ml
無塩バター(室温に戻しておく) 20g
フライドオニオン 20g

パンミックスとドライイーストはキットに入っているので、用意するのはお砂糖(今回は、きび糖を使用)、ぬるま湯、無塩バター、フライドオニオンの4点です。

慣れている人が見たら、「あれ? お砂糖を入れるの?」と思うかも。一般的なミックス粉にはお砂糖が入っているものが多いみたいですよね。

この点、「30分でいろいろパンミックス」は、パン好きな方が自由にレシピをアレンジすることを考慮しているので、お砂糖が入っていません。

ベーグルみたいにお砂糖が必要なレシピは、必要量を追加して入れる必要があります。

【準備する道具】
はかり
計量カップ
シリコーンボウル
フォーク
霧吹き
オーブンシート
オーブン(レンジ機能がついていると便利)

やはり発酵させる必要がないと、発酵用のボウルや濡れ布巾なども必要ないので、道具の数がずっと少なくなります。

ベーグルは成形した後、焼きあげる前に一度お鍋でゆでるのですが、霧吹きで代用できてしまうそうですよ。なので霧吹きがあればお鍋もいりません(笑)これは手軽ですね!

こねる前に粉っぽさがなくなるまで、まず混ぜる

30分でいろいろパンミックス

準備はキットをボウルにあければ、ほぼ完了

作り方はこんな感じ。この記事では、5.のとこまで紹介していきます。

【30分でベーグルの作り方】
1. 粉っぽさがなくなるまで、フォークでよく混ぜる
2. こねる
3. フライドオニオンを加えてこねる
4. 生地をのばして割れなくなったらOK
5. 生地が冷たい場合は電子レンジであたためる

6. 切り分ける
7. 霧吹きでたっぷり水をかける
8. オーブンで焼く

キットの粉は計量されているので、パンミックス粉とドライイーストは、封を開けてそのままポイポイと入れちゃってOK。

後は計量しておいた「きび糖」、室温に戻した「バター」、人肌の「ぬるま湯」をポイポイポイと入れてしまいます。フライドオニオン以外、最初に全部入れちゃうわけですね。

後で調べてみると、バターってある程度こねてから入れるものみたいで(汗)いきなり入れちゃってOKってところは簡単でいいですよね。

材料をボウルに入れたところ

バターも一緒に混ぜちゃいます

まずは粉っぽさがなくなるまで、フォークでざっくり混ぜます。

シリコーンボウルって、けっこうやわやわなので、「フォークが刺さって穴が開いたりしないのかな」とちょっと心配だったんですけど大丈夫でした(汗)

かえってけっこう便利な面があって、フォークについた生地を布でぬぐうような感じで、ボウルの端でフォークをぬぐうことができるんですよ! それが左下の写真。なんかちょっと、これいいですね(笑)

そして、いい感じでまとまったところが、右下の写真。こんな感じを目指して混ぜていきます。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

リストマーク  パンやお菓子作りがラクチンに


シリコーンボウル(MC)

ポイント・こねるときに使う「ぬるま湯」の温度は意外と大事

イーストがうまく働くためには、このときに加える「ぬるま湯」の温度は意外と重要です。熱すぎても冷たすぎてもNGです。

温度が足りないと、いつまでもベチャベチャする生地に、温度が高いと過発酵を招いて焼きあげてもヘタってふくらまないパンになってしまいます。

目安は大体35~40℃。季節によって多少調節する必要があるみたいですが、「人肌の温度」と覚えておけば大丈夫。

焼きあがりの色が薄かったり、パサパサしてたり、アルコール臭がしたりするのは、パン生地が過発酵になっていた可能性があります。

おいしいパンのポイントは「こね作業」

こね作業のコツは別ページにも書いたとおり、「回数」ではなく「力」です。しっかりこねて、パンがふんわりと膨らむためのグルテンの膜を作ります。

上の動画は、先生が実際にこねている様子を撮影したところ。この力加減で10分くらいこね続けるわけなので、けっこう気合いがいります。

動画は全体で44秒ほど。26秒くらいのところで、初心者さんに多い、力が入っていないこね方も実演しているので、最初のほうのこね方と比較してチェックしてみてくださいね。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

大体、上のような感じにまとまってきたら、フライドオニオンを加えてさらにこねあげていきます。

このとき、多少偏って入っても、シリコーンボウルなら生地が中で回りながらこねあがるので、こねているうちにいい感じで生地の中でバラけてきますよ。

ポイント・ふんわり仕上げるために、これだけは注意

グルテンの膜を作るために、しっかりと力を入れてこねていきます。こねが足りないと、発酵が悪くなるので、かたい生地になってしまうことが多いみたいですよ。

先生曰く、「生地に空気を入れながらこねると、生地がまとまりやすくなって、うまくこねあげることができる」そうです。

そして、初心者さんは、こねあげるまでにどうしても時間がかかってしまうので、生地の温度が下がりがち。オーブンで焼く前の生地の温度は、やはり人肌程度は必要みたいです。

こねあがり後の生地が冷たいときは、電子レンジで20~30秒、人肌程度に加熱することでカバーすることができますが、寒い時期の冷たいシンクの上みたいな場所での「こね作業」は避けたほうがよさそうです。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

そして、ほどよくこねあがった生地は、上の写真のような感じになります。

生地を左右に引っ張ったとき、真ん中の写真のようにちぎれたところが出てくる場合は、まだ「こね」が必要。右の写真のように、なめらかにのびれば完了です。

リストマーク ベルメゾンネットでは1回の注文で1セットお届け(ミックス粉4袋・ドライイースト4袋)


30分でいろいろパンミックス

リストマーク マンスリークラブは1回の注文で1セットが毎月1回届く頒布会形式で、お値段がちょっぴりお手ごろ


30分でいろいろパンミックス(MC)


日比谷花壇 [PR]

日比谷花壇

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます