シートマッサージャー

置くだけでそこがマッサージチェア

4月の新学期、5月頭のゴールデンウィークを過ぎて、この時期は疲れがたまりやすい季節です。管理人も、地域の活動で役員が回ってきたので、ほんと大変で…(涙)

でも、こんなマッサージ機があれば、感じるストレスもずいぶん違うんだろうなーと思ったのが、ベルメゾンの勉強会のビートップスの展示ブースで紹介されていた「シートマッサージャー FM003」です。

シート型なので手持ちの椅子の上に置くタイプですが、首・肩、背中、腰、太ももと4カ所を同時にマッサージすることができるけっこう本格派のマッサージ機なんですよ。

展示会では会議室の椅子に布を被せて、その上に置いてありました。

置くだけのシート型だけど、モミ機能は本格派

マッサージチェアはけっこうがっしりしているので、置くためのスペースって、けっこう広い場所が必要ですよね。価格も15万円くらいするようです。でも、シートマッサージャーなら、52,800円。ビートップスなら29,800円(税抜)で、手持ちの椅子に置くだけでOKです。

モミの機能だけなので、相性がよさそうなのはリクライニングの機能がついた座椅子でしょうか。でもそういうのがなくても、普通の椅子やソファの上、壁際やベッドなどに寄りかかる形でも使うことができるんですよ。

とにかく、「場所を取らない」というところがいいですよね。

重量は約8kgで、若い方なら、なんとか女性でも運ぶことができそうかなという感じ。使わない時は畳んで収納しておくことができます。

なので、見た目は「モミ機能もシンプルなものなのかな?」という印象を持ってしまいますが、いえいえ、モミの機能はかなり本格的なのです。

どんな動きをするのか動画でも撮影させてもらったので、参考にしてみてくださいね。

立体的なモミ玉の動きで「3Dマッサージ」を実現した本格派で、医療機器認証番号も取得している医療機器というだけあって、けっこうしっかり働いてくれます。

首と肩には左右に1つずつのモミ玉があって、上下に高さ調節が可能。背中には左右1つずつ、腰にも左右1つずつのモミ玉があって、首・肩、背中・腰の4つのモミ玉にはヒーターがついています。

これからクーラーの季節になると、冷えで体がこわばったりするので、温めながら揉みほぐせるというのは、冷え性さんにはうれしい機能ですよね。

あと、骨盤周りには左右にエアマッサージ、太もも裏にも左右にエアマッサージがあります。

実は管理人、こういうマッサージ機ってモミ方が気持ち悪くて「あまり好きじゃないなー」なんて思うことが多いんですけど、このマッサージ機はよかったですよ。モミ玉も単調な動きではなく、立体的なウェーブを描いて運転しているそうで、違和感はあまりありません。

試しにマッサージャーの上からモミ玉にも触ってみたんですけど、モミ玉だけでも丸い頭がクルクルと回ってなめらかに動いていました。3Dの動きは、この柔軟さにあるのかも。

機能もしっかりと「もみ、左右交互、背筋伸ばし、スポットもみ」と複雑な動きをしてくれて、疲れをほぐしてくれます。特に背中のモミ玉がすごくよくきいて痛いくらいでした。

自分では気がついていなかったけれど、地域の役員のストレスが背筋にたまっていたもよう(汗)

「これ、毎日少しずつもみほぐしてたら、すっきりして気持ちいいんだろうなー」と、ちょっと物欲が刺激されましたよ。

ただ、腰とか太ももののエアバッグは、ここはあっても別にいいかな? という感じでした。管理人は背中ほど腰周りはストレスがかかっていなかったようです。感動が薄くてすいません(汗)

でも、このランクのマッサージ機では珍しい機能らしいので、骨盤周りや太ももをストレッチしてほぐしたい人は要チェックですよ。立ち仕事をしている人なんかにはよさそうですよね。

リモコン

リモコンのボタンは段差がなく少し小さめ

リモコンの操作はボタンが小さいので、お年を召した方などは少し操作しずらいところがあるかもという感じですが、15分自動OFFタイマーの機能があるので、マッサージしすぎる心配もなく、気軽に日ごろ使いで使うことができそうです。

ビートップスでは、通常2個以上の購入で送料が無料になるのですが、この商品は1台だけでも送料無料。5月現在、足つぼボードのプレゼントがついていて、ちょっぴりお得になっています。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます