QVCジャパン

5月20日のTSVは、東芝エアコン。お部屋の広さで4種類あります。

・14畳用 124,800円(QVC価格169,800円)
・10畳用 104,800円(QVC価格149,800円)
・8畳用 94,800円(QVC価格129,800円)
・6畳用 84,800円(QVC価格119,800円)

番組スタート時は6畳用に人気が集まっていたみたいですけど、放送終了時は14畳用が一番数が減っているとのことで、「お急ぎください」なんてアナウンスされていましたよ。そして、8畳用は半数以下。ということで、広いお部屋に対応したものから数が減っているみたいです。

これから注文を考えている人は、大きいお部屋サイズを検討している人は早めの検討がおすすめです。

ポイント

花粉やPM2.5、ホコリなどを集塵する、東芝独自の「プラズマ空清」を搭載。PM2.5まで対応できる能力をエアコンで持っているのは、今のところ東芝のみ。しかもこの機能、エアコンが止まっていても、空清のみ運転することも可能なのだとか。

エアフィルターについたホコリは自動でお掃除してくれ、さらにエアコン内部もクリーンにする機能が付いているので、年に一回、業者に頼んでエアコンのお掃除をしていた人はもちろん、結構煩わしかったフィルター部分のお掃除からも開放してくれます。

フィルター部分のホコリはふるい落とされて、ダストボックスに溜まっていくんですけど、年に一回ほど専用のノズルを掃除機につけて、エアコンの吸い取り口から吸い取ればOK。取り外して洗うこともできるみたいですよ。

そして、ちょっといいのが、クーラーを切っていても、お部屋に熱がこもっているとセンサーが感知すれば、自動で冷房運転をスタートしてくれる機能もついているところ。

これから熱中症が気になる季節ですが、エアコンが自動で管理してくれるのはうれしいですよね。

部屋の温度が高くなっていることに気づきにくくなっているという、お年を召した方におすすめです。


QVCジャパン [PR]

QVCジャパン

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます