ちょっぴり大人のFamily CHOCOLATE

横浜の勉強会で「人気」ということを知って買ってみました

7月に横浜で開催された「おうちコープ」の勉強会で紹介されていたチョコレート「ファミリーチョコレート」を買ってみました。なんでも、eふれんずランキングで人気No.1のチョコらしいですよ。

でもこれ、コープこうべでも時々見かけるチョコだったんですね。カタログを見ると掲載されていました。

CO・OP商品なので、おうちコープだけでなく、各地のコープさんでも取り扱っている所が多いので、比較的手に入れやすい商品みたいです。

これこれ、これだよねと思って買ったのですが… あれ?間違えてた?(汗)

ちょっぴり大人のFamily CHOCOLATE

模様が2種類ありますけど、味はどれも同じ「ほんのりビターで甘さひかえめ」です

そうなんです。というのも、「神奈川4人家族の食材宅配ライフログ」で紹介されていた記事を見てください。

(参考)チョコレートで1番人気!おうちコープの「ファミリーチョコレート」(200g)

こちらの記事の写真、よーく見ると、「Family CHOCOLATE」には間違いないのですが、「ちょっぴり大人の」の文字がありません。「ほんのりビターで甘さひかえめ」と書かれている部分には、「カカオとミルクの風味豊かな味わい」と書かれています。

人気No.1はこっちか!(汗)

ちなみに、注文した翌週に、大人じゃないほうのチョコレートがカタログに掲載されているのを見つけてしまいました。がーん。

ライブ中継で紹介されてたチョコ

後で確認したところ、ライブ中継の画面をキャプチャーした画像には、ちゃんとちょっぴり大人のチョコが写ってました(よかった、外してなくて)

でもでも、ライブ中継中に撮ったキャプチャーには、ちょっぴり大人のチョコレートが写っていたので、完全に間違えていたわけではないようです。ファミリーチョコレートの中にも種類があるみたいですね。よかった、大きく外してなくて。

ともあれ、気を取り直していきましょう。

一応、おとなじゃないほうのチョコレートと同じく、「ちょっぴり大人のFamily CHOCOLATE」の製造者は株式会社正栄デリシィです。

大人じゃないほうのチョコレートは200gあるみたいですが、大人のチョコレートは140gと、量は少し少なめ。でも、袋を開けたとたん、すごく濃厚なチョコレートの香りがしています。

チョコレートって、こんなに香りがありましたっけ? No.1のチョコレートもこれだけ香りがするのかな?

袋を開けたところ

チョコレートの香りがかなり濃厚

味は甘さ控えめでおいしいです。

大人好みというか、男性でもおいしくいただけそうなチョコレートです。

日本チョコレート・ココア協会によると、ミルク(乳製品)が入らないカカオマスが40~60%のものをビターチョコレートというみたいですね。とはいえ、分類の仕方にはいろいろあって、乳製品を含んでいても、少しの量ならビターチョコに入れてしまうものもあるみたいです。

「ちょっぴり大人のFamily CHOCOLATE」は、ビターチョコレートとは書かれていないのですが、「ほんのりビター」と書かれてますよ(笑)

カカオ分43%ということなので、この点だけ見ると、パーセントが少なめのビターチョコという感じになるのかな。60%くらいになると、最近人気の「ハイカカオ」と呼ばれるチョコレートになるみたいです。

こうして見ると、パーセントが小さいと大したことないの? なんて思ってしまいますが、カカオマス40%以上のチョコレートは、砂糖と少しだけ乳製品を加えているだけなので、甘みと苦みのバランスがよく、カカオの香りを感じながらおいしくいただくチョコレートと言えるようです。

確かに、ちょっぴり大人のチョコレートも、粒は小さいんですけど、1粒だけでもかなり満足感があるんですよ。香りと味の両方が程よく楽しめるからなんでしょうね。

1粒の大きさ

1粒は小さめ、でも満足感は大

ちなみに、カカオの含量があまり多いと、脂質が多いのでエネルギーが高くなってしまうという欠点があるので要注意です。

この点、ちょっぴり大人のチョコレートは、1個5.2g(平均重量)あたりのエネルギーは30kcal、脂質は2.0g程度です。

厚生労働省と農林水産省が決定した「食事バランスガイド」によると、菓子・嗜好飲料などから摂取するエネルギーの推奨は200kcal以内なので、6個くらいまでなら食べることができる計算になります。

(でも、満足感が大きいのでそんなにいらないけど)

パソコン作業で「ちょっと疲れたなー」というときに程よい大きさと味わいなので、今回はいいものを知ることができました。今度は間違えないように、人気No.1チョコを探してみようと思います。

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます