ジェダイになりきる着る毛布

スター・ウォーズのなりきりシリーズからジェダイになりきる着る毛布が登場

2017年のなりきりシリーズで、ちょっと注目なのがスターウォーズやマーベルシリーズから登場しているなりきりアイテムです。

ジェダイになりきれる「なりきりローブ毛布」は、ネットでもあちこちのニュースリリースを報じるサイトで取り上げられていたので目にした人も多いかも。

人気も集中しているみたいで、10月11日現在、今注文しても入荷が10月下旬の予定と、手に入るのが少し先になるみたいです。

ジェダイのシルエットにこだわった着る毛布登場

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボダンで戻ってくださいね)

見た目そのまま、ジェダイ風のローブ毛布です。サッと羽織れば、ジェダイに変身(笑)

なりきり毛布はこれまでのベルメゾンでもいろいろあったけど、ここまでしっくりくるのはジェダイバージョンがはじめてかも。カタログではやや暗めの茶色に見えますが、実際に見てみるとやや明るい茶色なので、幾多の戦いを潜り抜けてきた歴代のジェダイ… というイメージではないかもしれませんが、シルエットがかなりかっこいいですよね。

着心地のいいマイクロファイバー素材でできているので、軽くてあたたかいところが魅力です。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

2か所のボタンを留めれば、裾を軽く上げることができるので、動きやすいところはベルメゾンの着る毛布ならではです。

裾のメッセージ

ローブ毛布の裾にはメッセージが入っています

裾部分には、「フォースとともにあらんことを」のメッセージが入っているところもちょっと心憎いデザインですよね。

サイズは着丈およそ135cm×ゆき丈85cmです。

ベルメゾンの着る毛布は「動きやすい」ところがポイント

裾の長さ

普段着使いするときは、裾の長さが重要

着る毛布は発売以来、ベルメゾンでも人気の商品で、毎年どこかが改良された新作が登場しています。

一般的な着る毛布は、まったりとくつろぐためのアイテムなので、足をすっかり覆うくらいズルズルと長いものが多いですが、ベルメゾンのオリジナルデザインはユーザーの声にこたえて「動きやすく、家事がしやすい」仕様になっているところがポイントなんですよ。

大きく変わったのは2016年で、それまで袖口も裾もかなり長く、ズルッとした感じで動きにくそうなデザインでしたが、袖も小さめで腕まくりしやすいようにゴムが入り、毛布の丈も足首が少し出る感じに改良されました。

映画に登場するジェダイは足元まで隠れるほど長い丈のローブを着用しているので、忠実に再現したい人はこの辺が気になるところだと思いますが、着る毛布として見ると、やはり部屋の中でもいろいろ動くことは多いもの。裾が長いと動きにくくなって、どうしても不便を感じてしまいます。

この点、ジェダイになりきる着る毛布は動きやすいので、日常使いで楽しむことができますよ。

裾のデザイン

袖はゴムなど入らずジェダイっぽく

一方で、袖口がやや長めにデザインされているところは、ジェダイ風のシルエットを重視したつくりになってます。

ゴムが入っていれば腕まくりしやすいけど、ジェダイは腕まくりしませんもんね(笑)

使いやすさを重視する人は、着る毛布も裾丈に注目して選ぶのがおすすめですよ。

リストマーク 寒がりジェダイさんもこれであったかい


なりきりローブ毛布/ジェダイ

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます