QVCジャパン

M.Asam(エム・アッサム)は、1963年に初代エリック・アッサム氏がブドウに注目したことをきっかけに、家族事業として化粧品会社を設立したことがはじまり。

ドイツのブドウの産地ファルツ(Pfalz)に自社経営のブドウ畑を所有して、ブドウの採取・抽出・商品化までを一貫生産している会社です。

化粧品で、素材から商品まで一貫生産するというのはあまり聞いたことがないスタイルですが、ここまでこだわるのは「良質かつ純粋なものだけを成分にする」ことを目指しているからなんですね。

テレビショッピングHSE24とパートナーシップを提携したことを皮切りに、ドイツQVC、イタリアQVC、ショッピングチャンネルHSNと通販市場を中心に人気を博し、今回、日本初上陸。

QVC先行販売ということで、期間限定のお試し価格で登場です。

今回、QVCに登場したのは、オールインワンクリーム「デイアンドナイトクリーム VG」

icon

icon
M.Asam デイアンドナイトクリーム VG 50ml 2個セットicon

11/22~12/23まで QVC価格 9,980円→お試し価格 6,998円

デビュー商品は、M.Asamの看板商品となるVino Goldシリーズの一つ、「デイアンドナイトクリーム」でした。世界14か国、800万個の販売実績があるのだとか。

名前のとおり「朝晩兼用クリーム」で、スキンケアはこれ一つでOKというアイテムです。

ブドウ由来の成分がツヤとハリを与え、美しく健康的なお肌をサポートしてくれるところが魅力。もちろん、使われているのは自社経営のブドウ畑から厳選された素材です。

このクリームに配合されている成分で、ポイントとなるのはこの3種類。

・グレープシードオイル
・グレープシードエキス
・ブドウつるエキス

グレープシードオイルの精製には、成分の品質を守るために、伝統的な低温圧搾式(コールドプレス)が採用されています。

生産効率は悪いみたいですが、お肌のことを考えるとうれしいこだわりですよね。

また、採取・抽出・製品化まで一貫生産していることで配合が可能になっているのが「ブドウつるエキス」(レスベラトロール)。ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種で、ブドウの若芽や若つるから抽出されます。

テクスチャはゆるめのクリームで、薄いベージュの色がついているのですが、これはブドウの種子やつるエキスの色なんだそうですよ。日本で見かける製品とは、かなり異なるテクスチャになるようです。

で、かなりに気になるのが、その香り。牧野ナビによると、「ライム系」「ブドウの香り」なんだとか。海外製という言葉からイメージしてしまうパキーンとした香りではなく、控えめでそれほど強い香りではないようです。

そういえば、パッケージもマスカットなどをイメージさせるグリーンが印象的ですよね。(写真はかなり濃い目の緑に見えるけれど、TVの映像で見ると、淡い緑色になるみたいです)

現在、29%OFFの期間限定のお買い得価格になっていますが、「数がそろっているわけではない」ということで、期間終了前になくなる可能性もありのアイテムです。

年齢を重ねたお肌には、こちらも注目「ティントバーム 30ml」

icon

icon
M.Asam ティント バーム 30ml 2個セットicon

11/22~12/23まで QVC価格 9,980円→お試し価格 6,998円

もともとクリームに比べて少な目からスタートしていたこともあって、番組半分を過ぎたあたりですでに完売してしまったアイテムですが(汗)今後のためにメモ。

潤い、ハリ・弾力を与えてくれる美容成分を配合したバームで、シワの溝をバームで埋めて目立ちにくくしてくれるのが特徴です。シワの他にも、シミやくすみなども目立ちにくくしてくれるんですよ。こちらは、世界累計300万個の販売実績があるのだとか。

メイク前、メイク後、どちらでもOKというところが手軽。乾くのを待つ必要はなく、すぐメイクすることができるところもいいですよね。

リフトタイプではないので突っ張り感がなく、違和感が少ないのが特徴です。

番組では、塗る前と塗った後の映像しか出なかったので、「それ、どうやって塗ったの?」という感じでしたが(汗)

M.AsamのYoutubeチャンネル「asambeauty」で、バームの塗り方が紹介されていたので参考になりますよ。

シワを引っ張ったりせず、優しく塗っていけばOKみたいです。

M. Asam Perfect Teint – Anwendung für tiefe Falten an der Stirn

M. Asam Perfect Teint – Anwendung für die Augen

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます