千代の一番

3つの千代の一番を食べ比べ&飲み比べしてみました

コープさんの宅配で購入した「味彩」と、店舗で購入した「ゴールド」、そしてQVCで購入した「QVC千代の一番」です。

3種類ともティーバッグ方式のおだしなので、パッケージから出すとこんなふうに1包ずつ小分けでおだしが入っています。

千代の一番のティーパッグ

左からQVC、味彩、ゴールド

パックを破ってみると、粉末状の中に顆粒状のものがちらほら。ゴールド、味彩、QVCで少しずつ違う気もするけど、取り出した部分によって違って見えてるだけという気がしなくもない。

見た目の違いはあまりわからないのですが、パッケージを開けたときの香りは、ちょっと違いました。ゴールド、味彩はかなり鰹の香りが強くて、ふわっと香ります。一方のQVCは鼻を直撃するような香り方ではなく、上品に香る感じです。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

このままご飯に振り掛けると、ふりかけとしても使えるらしいので、まずは直接手に取って食べ比べしてみます。

千代の一番

左からQVC、味彩、ゴールド

ゴールド … しょうゆ味か何かがしっかりしてる感じ
味彩 … 味がしっかりしてるけど、ゴールドに比べるとあっさりした印象
QVC … ゴールドや味彩に比べると、味に深みがある

でも、この違いも、「しいて言えば」という感じで、そんなに大きく違うわけでもなかったり。

お皿の位置をササっと入れ替えると、そのままわからなくなってしまいそうです(汗)

おだしをとって味わってみる

千代の一番の裏

千代の一番の裏には、「まずはおだしを飲んでみて」と書かれています

ところで、千代の一番のパッケージの裏には、こんなことが書かれています。

色々なお料理にお使いいただく前に・・・
だしパックを煮出した後、そのまま一度お召し上がりください。本品の旨味をご賞味いただけます

なるほど、そのままで飲んでみれば、千代の一番のおいしさがいちばんわかるというわけですね。

というわけで、QVCで購入した「QVC千代の一番」と、コープさんで手に入れた「千代の一番 ゴールド」と「千代の一番 味彩」のおだしを取って、飲み比べしてみることにしました。

色合いは、3つともほぼ同じ?

千代の一番 おだしのとり方

千代の一番のおだしのとり方は、弱火で4~5分煮出すだけでOK

作り方はこんな感じ。

1. 約700~800mlの水を入れた鍋の中に、だしパック1包を入れる
2. 火をつけ沸騰したら弱火にして約3~4分煮出す
(だしパックが浮いてくるので、お玉の背などで2~3回押して沈める
3. だしパックを取り出す

ゴールドと味彩は水の量が「約700~800ml」となっていますが、QVCは「約700ml」となっているので、3種類とも700mlで揃えてみました。

後の手順は全く同じで、比べてみたのが下の写真です。

色合いは… ほとんど同じかな?(汗)

おだしの色比べ

左からゴールド、味彩、QVC

上から見ると、QVC < 味彩 < ゴールドという感じで色の濃さが違う気がするけれど、作り方がアバウトなので、その影響はあるかもしれません。

(3種類のだしを一度にとろうとしたので、深鍋、浅鍋、いろんな鍋で煮出してます・汗)

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

QVC … ゴールドや味彩に比べると、味は薄めに感じるけど、カドがない優しい印象。鰹節の香りが強め。
味彩 … おだしで出しても、味がしっかりしてる気がする。香りはQVCに比べるとやや薄め。
ゴールド … 味はそんなにきつくない。というか、味彩に比べると少しぼんやりした印象。香りは味彩と同じくらい、QVCに比べるとやや薄め。

と、こんなふうに書き出してみましたが、これも「しいて言えば」という感じで、そんなに大きな違いは感じませんでした(汗)

sumi父いわく「甲乙つけ難い」。

なるほど、確かにそうですね(笑)

味にもう少し敏感な人が食べ比べ、もしくは飲み比べするともう少し違うコメントが出てくると思うのですが、とりあえず「おいしい」か「まずい」か程度の感度しかないsumi家では、どのおだしもおいしくいただくことができました。

コープの宅配を利用しているので、気軽に手に入れやすいのはコープさんですが、今のところ10包の取り扱いしかないみたいなので、お安く手に入る機会があればQVCを狙ってみようと思います。でも今のところ70包もあるので、しばらくは大丈夫かな。

【関連記事】

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます