CO-OP 冷凍讃岐かき揚げうどん

CO-OPの讃岐かき揚げうどんを購入してみました

最近、あまり体を動かさないせいか、時々「胃がもたれる」と言って食が細くなってしまうsumi父用に、お昼には時々冷凍麺を組み入れてみることにしました。

この週は国産小麦を使った弾力のある讃岐麺に、たまねぎ、にんじん、いんげんと国産野菜を使ったかき揚げとつゆがセットになったCO-OPの「讃岐かき揚げうどん」というのを見つけたのでゲット。

似たようなシリーズで、肉うどんとかカレーうどんを見かけたんだけど、こういうのになると5玉セットで1,000円超えてしまいますが、かき揚げうどんなら5玉セットでも税抜698円なので、750円くらいで購入することができますよ。

お鍋調理でも、電子レンジ調理でもどちらもOK

冷凍状態

うどんとかき揚げがドッキングした状態で冷凍されています

出してみると、麺とかき揚げがドッキングした状態で個別包装されています。つゆは5パックが一つながりにつながっていますよ。

調理法は凍ったままで、鍋調理でも、電子レンジ調理でもどちらもOK。

鍋で調理する場合は、鍋に水280mlを入れて、沸騰したところに凍ったままのうどんを入れてほぐしながら3分ほど加熱すればOKです。

電子レンジで調理する場合は、器に凍ったままのうどんを入れて、ラップをして1~2か所穴をあけて加熱すればOK。1食500Wで約4分30秒ほどです。つゆはお湯250mlとつゆを合わせればできあがりです。

鍋と電子レンジ、どちらの調理もできるというところが便利ですよね。

かき揚げをバラせば、後のせもできます

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

かき揚げはうどんにくっついてるみたいに見えますが、かき揚げとうどんの間に包丁の刃を少し入れて、ちょっとこじれば2つに分けることができます。

鍋で作る場合は、程よきタイミングであたためたおつゆに放り込めばOK。

かき揚げの「後のせサクサク」を楽しみたい人は、オーブントースターで調理するといいみたいですよ。

庫内をあらかじめあたためておいて、凍ったままのかき揚げをアルミホイルにのせて加熱すればOKです。

でも、我が家は食感重視で土鍋を使ってます…(汗)

完成

具材がついているから、むちゃ簡単

こんな感じで、時短でおいしいうどんができあがるところが魅力のCO-OPの「讃岐かき揚げうどん」ですが、我が家はsumi父の歯が悪いので、土鍋で5分ほどゆでるのが好評です。

コシがしっかりしてるから、多少煮込んでもコシがなくならないんですね。

程よきところで、外しておいたかき揚げを放り込んで、あたたまればできあがり。

大きな土鍋を出してくるのは少し面倒くさいけれど、コシばかりじゃなくてふんわり感も出てくるので気に入っています。

歯の心配がなければ、パッケージの説明どおりに作ってお鍋調理で1食約3分、電子レンジ500Wで約4分30秒。かき揚げを後のせする場合でも、電子レンジ500Wで1枚約1分10秒。オーブントースターでも800Wで1枚約2分30秒ほどでできあがるので便利ですよね。

忙しくても、具材たっぷりのうどんがササッと出来上がるのでおすすめですよ。

管理人が利用しているのはコープこうべですが、日本全国にはいろんなコープさんがあります。当ブログには特集ページ「コープの宅配豆知識」もあるので、参考にしてみてくださいね。

コープこうべ、おうちCO-OP、コープデリ、パルシステムの比較記事もあります。


この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます