サンガード50+

花の手帳も欲しかったので(笑)サンガード50+を買ってみました

シミ対策として、今年は秋冬もUVケアをしっかりしていきましょうということで、ファンケルでサンガード50+を買ってみました。

ファンケルのサイトによると、シミの主な原因は、「紫外線」と「肌ストレス」と「加齢」の3つだそうですよ。おや、加齢も原因になるんですか。嫌ですねぇ…(汗)

スマホサイトはこちら⇒【スマホ】ファンケルオンライン

シミ対策は、年齢に合わせたエイジングケアとしても重要らしい

ともあれ、こうした刺激を受けると、メラノサイトが刺激されてメラニンを生成、シミができるというわけです。

加齢の場合、肌の代謝が悪くなって、ターンオーバーが低下することで、シミとして表皮に現れるらしいですよ。

対策としては、美白のためのスキンケアを取り入れていく必要があるみたいですが、日焼け止めを上手に活用するのもいいみたいです。

【シミ対策から見た、日焼け止めを選ぶ際のポイント】

・ただ紫外線から守るだけでなく、肌ストレスの要因となるものからもお肌を守ってくれるもの
・日焼け止め自体が刺激とならないもの

サンガード50+のSPFとPA

サンガード50+は、SPF50+、PA++++

ファンケルのサンガード50+は紫外線吸着剤不使用なので、お肌の刺激が少ないところが魅力ですよね。

国内最高レベルのSPF・PA値で、強い紫外線をカットしてくれて、花粉といったアレルギー物質、PM2.5といった大気汚染物質、さらには紫外線を受けることで発生する刺激物質を抑えて酸化を起こしにくくすることで、刺激となりうる成分からも守ってくれます。

黄砂は2月~4月ごろにニュースでよく耳にしますが、大気汚染物質のことを考えると、偏西風の影響で夏以外は年中飛来する可能性があるというし、春、秋の花粉も気になります。

日ごろ使いなら「サンガード25 デイリーUV」でいいみたいだけど、顔だけでなく、首筋や手の甲なんかにもしっかり塗りたいので、ちょっと大きめの「サンガード50+ プロテクトUV」にしてみました。

サンガード50+はこんな感じ

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

正直、60mlというのがどれくらいか見当がつかなかったんですけど(汗)コープさんで購入したソフトケアのミルクローション120mlと同じくらいの大きさでしたよ。

太さは半分くらい。確かに60mlですね(笑)

使う前のサンガード50+

サンガード50+は、使う前に、ちょっとしたひと手間が必要です

よく見ると、蓋と本体の間に何かはまってます。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

蓋に透明なプラスチックがはまっていました。これを外して、キュッと閉めると、フタについた突起で本体に初めて穴が開くわけですね。

穴をあける前の本体側を撮影し忘れてますが(汗)ともあれ、この瞬間までしっかり密閉されているわけです。

サンガード50+の蓋と本体

蓋の内側にある突起で穴が開きます

説明書には、開封からいつまで使えるのか、日付を書いて貼り付けておけるシールがついていました。

この辺、きっちりしているところはファンケルですよね。

品質管理のシール

日付を書きこんで貼っておけば、品質管理ができます

ミルクタイプなので、テクスチャはゆるめ。手のひらを傾けると垂れてくるので、そこがちょっと扱いにくいかも。この辺は慣れかな(汗)

SPFやPAが高いものだと、軋みや厚ぼったい使用感が気になるところですが、サンガードはけっこう軽い使い心地でした。

うるおいケアとして、日本酒にも多く含まれている成分(グリセリルグルコシド)が配合されているせいか、パサつくこともありませんでしたよ。

紫外線吸着剤不使用ということで、サンガードは紫外線散乱剤が使われているのですが、これが小さな球状をしているところも使用感のよさのポイント。肌の上でコロコロと転がることでなめらかな使用感を実現しているそうで、確かにほとんど軋みを感じません。

ただ、ネット上の口コミでは「白浮きする」という話もあったので、その点が気になってたのですが、使ってみると管理人の肌ではそれほど気にならないようで一安心です。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

あ、「白浮き」に関しては、使用量もポイントになるかもしれませんね。

説明書では、目安は「500円玉2枚分」と書かれていますが、これは顔と両腕に使用する際の目安になります。顔に使う場合は1円玉1枚分くらいでいいみたいですよ。

でも、鏡をひょいと覗いたとき、おでこが少し白く見えた時があったので、しっかりのばすようにするか、今使っているファンデのトーンを少し落とすかするとよさそうです。

水をはじく様子

けっこう水をはじくので、汗にも強そうです

つけた後の落とし方は…

・フェイス→クレンジングオイルの後、洗顔料での1度洗い
・ボディ→ボディシャンプーなどをよく泡立ててボディタオルなどで、ていねいに2度洗い

と、スムースタッチ処方でオイル状の成分が入っているせいか、けっこうしっかり洗わないと落ちにくいところがあります。管理人は、お風呂でしっかり洗うようにしています。

箱を見たときは、「ボディにも使うには、ちょっと小さいかな」と思ったけれど、意外とのびるので結構もちそう。

この秋冬はサンガード50+で紫外線対策をしっかりやってみようと思います♪

スマホサイトはこちら⇒【スマホ】ファンケルオンライン

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます