【夏の超最強】日本製ニット素材のネックガード

帽子は手軽に紫外線対策できるところが魅力ですが、効率よく紫外線をカットするには、つばの大きさは7cm以上が必要です。

(参考)頭髪、頭皮の紫外線対策は基本から

でも、愛用するならやはり気に入ったデザインのほうがいいわけで、形によってはどうしても首元のガードが手薄になりがちですよね。特に首の後ろとか。日差しの角度によっては日焼けしてしまうことがあります。

気が付かないうちにうっかり日焼けしてしまうことを防ぐなら、スヌードなどの首元をカバーするアイテムを併用するのがおすすめです。勉強会で紹介されていた超最強アイテムは、「日本製ニット素材 ネックガード」でした。

で、このネックガードがなぜ超最強なのかというと…。

のびるんです

ネックガードの伸縮性

超最強2018のネックガードは伸縮性ばつぐんの生地

こーんなに伸びるんです。

ネックガードを被る途中を実演

メイクも余裕で避けることができます

そして、こーんなに伸ばして着用できます。

これだけ伸びるから、メイクをした後でも汚さずに装着できるというわけですね(笑)

ショップサイトやカタログでは、「やわらかく伸びる素材」と言いつつ、モデルさんの肩幅より狭い感じに、そーっと広げている印象の写真が掲載されていますが、ご覧のとおり実際はそんなもんじゃありませんでした。くしゅっとした素材は、かなりの伸縮性ですよ。

お化粧との兼ね合いを考えると、朝の忙しい時間に被り物アイテムはちょっと煩わしさを感じるときがあるけれど、これならどんなときも大丈夫。さすが夏の超最強アイテムです。

伸ばして着用したところ

意外とカバー力もあります

サイズは約19×20cm、首周りは約38cmということで、けっこう上のほうまで持ち上げて着用することができるみたいです。この点も、カタログでは首元を隠しているだけなので、ちょっとわかりにくいかもしれません。

(画像をクリックすると、もう少し大きな写真で見ることができます。戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

伸縮性抜群ですが、綿48%なので優しい手触りです。

ニット素材ということもあって、間近で見ると「こんなに隙間があってUVカットできるの?」と心配になりますが、左の写真は首に直接当たるシャーリングの部分です。蒸れないように通気性重視になっているのかなという感じ。

写真ではちょっとわかりにくいですが(汗)ネックガードの途中から密な折り方になっています。それが右の写真。

UVカット率も98%以上あり、素材は東レの吸水速乾繊維を混紡しているので、さらっとした肌触りで乾きも速いみたいです。

汗をかいても手洗いOKなので、デイリーに活躍してくれそうですよね。

まとめ

カラーはブラックとオフホワイトの2種類があります。

4月24日現在、ブラックは在庫ありですが、オフホワイトは4月下旬に入荷予定となっていて、今注文しても少し待つことになるみたいですね。

でも、まだ待ち時間は短めなので、気になる人は早めの検討がおすすめですよ。

リストマーク デコルテのうっかり日焼けを防ぐネックガード。

【夏の超最強】日本製ニット素材のネックガード

当ブログでは、特集記事にベルメゾンの鞄、靴、アクセサリーに関するお得情報をまとめているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
このタグに関する他の記事を読みたい時は、このリンクから一覧で見ることができます