QVCジャパン

no image

AN ハンカチーフヘムの接触冷感チュニックicon

画像はお借りしていませんが、ショップサイトにはアンさん着用で多数の写真が掲載されているのでリンク先を覗いてみてくださいね。今季はハイブランドからも多数登場するというトレンドのハンカチーフペプラムが登場です。

Tシャツ感覚で着れるのに、ブラウス見せしてくれる一枚。体型カバーも叶えてくれて、大人のかわいさがあるデザインが魅力です。

ゆとりのあるデザインなので、透け感を気にすることなくバサっと着ることができるみたいですよ。なので、迷ったときはワンサイズダウンがいいみたいです。

デイリーで気軽に取り入れることができる今年のトレンド!

気になるウェスト周りを程よく隠してくれるのは、今年流行のハンカチ型のペプラムです。

角が真っ直ぐだとギザギザが激しくなるそうですが、「ピーターパンみたいなのは、嫌」というアンさんの意見でカーブにして丸くすることで、程よいバランスになっています。

内側には3分の2くらいのバランスで、同色無地のコットンの裏があるので、特にインナーを考えなくてもそのまま一枚で着ることができます。腕を上げるときも安心ですね。

袖口のカットワークを施した刺繍レースは、ドットストライプの刺繍とジグザグ刺繍を組み合わせたハンカチーフペプラムと同じデザイン。

肩を覆う程度のフレンチスリーブ丈で、これもアンさんこだわりのポイントです。

袖がありすぎると二の腕を隠してる感が出てしまいますが、肩を覆う程度なので、程よく細見えしてくれるそうですよ。

バックスタイルは、ゆるくVの形になった襟周り。中央にタックが入って、背中のお肉や脇肉を拾わないよう、ゆったりしたゆとりがあります。

デイリーに楽しめるポイント

最旬のトレンドを取り入れたこだわりのデザインですが、ストレッチがきいたカットソー素材を採用しているので、のびのび楽々な着心地が特徴。楽ちんなのに、合わせるボトムスによって表情を変えてくれるところがうれしいですよね。

タイトスカートなどに合わせると、きちんと感のあるコーディネートに、デニムのパンツに合わせると、カジュアルな雰囲気に変身してくれます。

そして、シワになりにくいところも、気軽にデイリーに着ることができるポイント。

アンさんによると、石川ナビがカバンの紹介で着用した際も、肩にカバンを掛けていてもシワになっていなかったそうですよ。

さらに、接触冷感の機能性があるので、これから蒸し暑くなる季節、活躍してくれそう。

この点も、生地の上から加工する接触冷感ではなく、糸から加工しているタイプなので、洗濯を繰り返しても効果が長持ちしてくれるところが魅力です。

0時台では、レースの透け感が美しいネイビーに人気が集まっていたようで、5号、7号サイズに残りわずかのサインが出ていました。ネイビーが気になっている人は早めの検討がおすすめですよ。

■内容
AN ハンカチーフヘムの接触冷感チュニック
メーカー希望小売価格13,500円→6月10日限りのTSV価格6,990円

■カラー
ホワイト、ラベンダー、コーラルオレンジ、アッシュカーキ、ネイビー

■サイズ
5、7、9、11、13、15

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます