QVCジャパン

iconicon

18K ダイヤモンド スパークル リング 計0.25ctUPicon

6月4日(月)のTSVは、ブリラーレの新作「18K ダイヤモンド スパークルリング」。ブリラーレからダイヤモンドのデザインリングがTSVに登場するのは1年半ぶりだそうですよ。

今回、ブリラーレの番組で紹介される商品、組み合わせ自由で2点購入ごとに2,000円引きの特典があるところも要注目です。

【今回紹介されたその他の商品】
・18K ダイヤモンド スパークル ペンダントヘッド 計0.40ctUP(実はTSVの企画だった裏TSV!?)
・18K ダイヤモンド スパークル イヤリング/ピアス 計0.14ctUP(0時台で一度完売)
・18K ダイヤモンド スパークル ブレスレット 計0.20ctUP(半年ぶり人気商品再登場)
・18K カットボール チェーン ネックレス

※完売しても破格商品なのでなかなか再入荷は難しいみたいですが、ネットをこまめにチェックするのがおすすめです。0時台に完売したイヤリング/ピアスも、午前中に少し再入荷があったみたいで、10時現在在庫ありになっています。

⇒qvc.jp公式サイトで、売り切れ商品が再入荷していないかチェックする方はこちらicon

リングは大量生産できない… のだけれど、TSVに挑戦

今回はブリラーレ史上、もっとも利益が薄いTSVになるそうです(汗)

実はTSVで3万円台のジュエリーは、ペンダントヘッドが主流。リングだと地金の量が必要だし、サイズごとにデザインも変わるし、磨きの部分も多くて手間暇がかかるため、コストがかかるんですね。

ブリラーレは買い付けで仕入れをする際、独自のネットワークを駆使してベストプライスのものを大量に仕入れていること、そしてQVCへダイレクトに販売することで価格を抑えた商品の提供がされています。

でも、さすがにリングで3万円台というのは大変だったみたいですね。

一般的なジュエリーメーカーでは、ダイヤのピース数が増えるほど海外に委託することが多いそうですが、磨きの甘さやセッティングのブレを防ぐため、ブリラーレは自社工房で作っているため頑張れてしまうみたいです。

さらに、リングはサイズがわからないと作れないものですが、これまでのデーターを基に需要を割り出して、すでに作り出しているそうで、なのでこの価格で、しかも6週間でのお届けが可能になっているそうです。

なんて、リスキー(汗)

それなのに、まったく手を抜いていないようで、一般的にリングを作るときは作製される型は1つで、地金を切って縮めたり、伸ばしたりしてサイズを合わせていくところを、今回はデザインを崩さないためにサイズごとに型を作って、それぞれのサイズにベストな形を作っているそうですよ。

さらに独特のデザインということもあって、このリングは1人の職人さんで1日10本しか作ることができないそうです。

1日にあまり数ができないのは、ダイヤモンドの輝きに、磨きの輝きを加えたスパークルリングだから

ブリラーレの「スパークル」は、ダイヤの周りの石枠に刻みを入れることで、ブリラーレクオリティーのダイヤのきらめきに、磨きのきらめきを加えてボリュームアップさせたデザインをいいます。

手間暇のかかるものですが、職人さんの技が生み出すブリラーレならではのデザインなんですね。

今回はリングなので、本来なら細かくて磨きが入りにくい部分もあるようですが、なんとデザインを2つに分けて、細かいところにも磨きが入るようにしているそうですよ。

破格の3万円台なのに、そこまでしますか(汗)

なので1人の職人さんで1日10本しか作ることができないんですね。

というわけで、QVCの大感謝祭は昨日で終了してますが、ブリラーレの感謝祭は本日になるようです。

3本アームデザインで表現された天の川に、アームの上に配置したオフホワイトのダイヤモンドが合計19石も輝くボリューム感が実現。

アームデザインなので、幅はあるけれどごつさがないので、夏の暑い季節でも軽やかに身に着けることができます。

インフォメーションによると、0時初回で相当数の注文が入ったみたいですよ。カラーではホワイトゴールドが人気みたいです。

ホワイトゴールドが気になっている人は早めの検討がおすすめです。

■内容
18Kダイヤモンド スパークル リング 計0.25ctUP
QVC価格80,000円→6月4日限りのTSV価格39,999円

■カラー
ホワイトゴールド
イエローゴールド

■サイズ
7~22号(1号刻みでオーダー)

この記事、いいなと思ったらボタンをクリック
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます