QVCジャパン

iconicon


PT900 Dカラーフローレス3エクセレント ダイヤリング 0.30ctUP
icon

iconicon

PT Dカラーフローレス3エクセレント ダイヤ ネックレス 0.30ctUPicon

iconicon

【完売】PT900 Dカラーフローレス3エクセレント ダイヤリング 0.50ctUP

iconicon

【完売】PT Dカラーフローレス3エクセレント ダイヤ ネックレス 0.50ctUP

6月29日は「ジュエリーデイ Premium」、「今こそ、ささげたいプレミアムな輝き」といことで、ジェリーデイの中でもちょっと特別な一日。QVCが1つ1つ思いを込めて集めたプレミアムジュエリーが紹介されるイベントです。

この日のTSVは、Dカラーダイヤモンドが登場、あえてGIA(米国宝石学会)とCGL(中央宝石研究所)の2つの鑑定書つきですよ。

しかもその中身は、カラーはDカラー、クラリティーはフローレス、カットはトリプルエクセレントと、トップオブトップのスペックになっています。

0.5ctUPの場合、分割手数料をQVCが負担してくれる「QVCショッピングカード」を持っている人は、20回分割の対象商品になっていました。(0.3ctUPの場合、10回分割の対象)

※20回分割 … ネックレスの場合、1回目は40,646円、2回目以降は40,000円(支払総額800,646)で購入することができます

インドに本社があり、30年以上のキャリアをお持ちの坂根さんにして、3年がかりとなったこの企画。かなりすごい内容になるみたいです。

ショップサイトでも、6月28日から先行販売を実施していた商品です。

クラリティースケールが「フローレス」のものが登場するのは、QVCジャパンでも初めて

ハイクオリティーなダイヤを得意とする坂根さんですが、これほどの石を集めるのはやはりとても大変で、TSVの価格を実現することはとても難しかったそうです。そのわけは、「これだけのクオリティの石が出現するのは極端に少ない」というのが大きな理由になるようです。

世界的な規模で鑑定しているGIAでも、すべての鑑定基準において最高品質と認めるダイヤモンドの出現率は、昨年の実績では「0.3ctUPのダイヤモンド1万ピースの中で、1ピースあるだけ」の確立になるのだとか。

※0.5ctUPではその確率は半分ぐらいになるそうですが、数字で見ると「1万ピースの中で0ピース」という数字になってしまうそうです。

この数字も、今回GIAの全面協力で出してもらった数字になるそうですよ。プレミアムがついて値段が上がったりするといけないので、GIAではこうしたデータは通常出さないそうです。

こうした品質の石をTSV価格で提供できたのは、十分な量の原石を確保している坂根さんの会社だからこそなのですが、実は作り方も通常の作り方ではできないのだそう。

0.7ctUPのDのVVS1が出そうな石をカットして。0.5ctUPのDのフローレスに仕上げているそうです。

原石のところから「最上級のフローレスを作る」つもりでカットしていくという贅沢な作り方をするので、他所ではもったいなくてなかなかできない作り方になるようです。よくTSVが実現しましたよね…(汗)

0.5ctUP、0.3ctUPにしたわけ

日本では0.25ctUPがお馴染みですが、坂根さんによると、世界で一番需要がある大きさは0.3ctUPや0.5ctUPなんだそうですよ。

特に中国や東南アジアでもダイヤモンドは結婚指輪の需要が多く、その際に人気なのが0.3ctUPや0.5ctUPのものなのだとか。

世界的な基準で見ると、これくらいのサイズは欲しいということみたいです。

鑑定書が2つもついているわけ

通常、ジュエリーについてくる鑑定書は1つなのですが、今回のTSVには「GIA」と「CGL」の2つの鑑定書が付けられています。

なぜかというと、世界で通用する「GIA」と、日本で厳しい基準を持つ「CGL」をつけることで、「もれるところはない」という意味を持っているのだとか。

もちろん鑑定書や鑑別書を出してもらうのは有料なので、QVCでもそこそこのジュエリーだと、「価格に反映してしまうから」と代表鑑別になることが多いのですが、今回のTSVでは鑑定書にかかった費用はお値段に入っていないそうです。品質に対する、自信の表れということみたいですよ(汗)

ちなみに、テレビショッピングをはじめ、通販では景品表示法の関係で、きちんとした理由がないものに対して「最高」という言葉を使ってはいけないのですが、今回のTSVではQVCから最高と名乗っていいとお許しが出たそうです。

GIAの鑑定書も、CGLの鑑定書も「最高品質」と証明しているんですから、しかたないですよね(笑)

ネックレス、リング、それぞれの特徴

★ネックレス
シンプルな一粒使いで、最高品質のダイヤモンドの輝きを引き立てるデザイン。台座は、0.3ctUPも0.5ctUPもプラチナ900です。

チェーンには、ダイヤの輝きに負けない太さのあるベネチアンが使われています。

★リング
中央の石をカラーレスの石でぐるりと取り囲む豪華なデザイン。0.5ctUPではトータル1.4ctUPのボリューム感があります。

実は、そのダイヤを支える柱もダイヤなんですよ。番組でも、アップで映る瞬間があると思うので要注目です。

指を入れるアームの部分を埋めるバケットダイヤにはリカット(再研磨)を施し、サイズ直し部分のぎりぎりのところまで敷き詰めてあるので、エタニティ以上のレングス(長さ)があります。

ネックレスもリングも、通常だと6本爪で真ん中に1個だけというつくりになるみたいですが、スーパーブランドの造りを下請けで受けている坂根さんの工場だからこそのこだわりのデザイン。

これも資産としてだけでなく、ジュエリーとして身につけるため、スペシャルな作りになっているみたいです。

0時台の動き

坂根さんいわく、「他のテレビショッピングではできないでしょ?」ということがしたかったというだけあって、ジュエリーデイ プレミアムにふさわしいプレミアムなダイヤの登場です。

6月28日からネット先行TSVで紹介されていたのと、0.5ctUPのものは用意数も少なめだったということもあって、ネックレスもリングも0.5ctUPのものは0時台で完売してしまいましたが(汗)

0.3ctUPのネックレスとリングはまだ在庫があります。世界的にも、手ごろな0.3ctUPが人気なんだそうですよ。

インフォメーションでは、なんとQVCで初めてのお買い物としてこのDカラーダイヤを購入している人がいるそうで、今回はジュエリーに詳しい人も目が離せないTSVになっているみたいです。

■内容
PT Dカラー フローレス 3エクセレント ダイヤ ネックレス 0.50ctUP
QVC価格 1,300,000円(税込)→2018年6月29日限りのTSV価格 699,998円(税込)

ダイヤモンド
 キャラット:0.50ctUP
 カラー:D
 クラリティ:FL
 カット:3EXCELLENT
ヘッドの縦×横 約7.0×5.0mm
長さ 約45cm(スライド式アジャスター付)
総重量 約1.8g
地金 プラチナ900(本体)、プラチナ850(チェーン)
付属品 鑑定書×2

PT900 Dカラー フローレス 3エクセレント ダイヤリング 0.50ctUP
QVC価格 1,500,000円(税込)→2018年6月29日限りのTSV価格 799,998円(税込)

サイズ 8~22号(0.5号刻みでオーダー)
ダイヤモンド(中石)
 キャラット:0.50ctUP
 カラー:D
 クラリティ:FL
 カット:3EXCELLENT
脇石:0.90ctUP

最大幅 約7.6mm
最小幅 約2.6mm
総重量 約3.1g
地金 プラチナ900
付属品 鑑定書×2

PT Dカラー フローレス 3エクセレント ダイヤ ネックレス 0.30ctUP
QVC価格 700,000円(税込)→6月29日限りのTSV価格 399,9998円(税込)

ダイヤモンド
 キャラット:0.30ctUP
 カラー:D
 クラリティ:FL
 カット:3EXCELLENT
ヘッドの縦×横 約6.5×4.0mm
長さ 約45cm(スライド式アジャスター付)
総重量 約1.3g
地金 プラチナ900(本体)、プラチナ850(チェーン)
付属品 鑑定書×2

PT Dカラー フローレス 3エクセレント ダイヤリング 0.30ctUP
QVC価格 900,000円(税込)→6月29日限りのTSV価格 49,998円(税込)

この記事、いいなと思ったらシェアしてね
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ブログの購読はこちらも便利
follow us in feedly
この記事に関する他の記事を読みたい時は、「投稿タグ」から一覧で見ることができます