散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

20歳のお祝いに、着物で贈る生まれ年ワインはいかが?

1月の花 梅

2017年の成人の日は1月9日(月)です。

その少し前くらいから、ニュースでも一足早く成人式を行う地域の話題が流れ始めます。お祝いのお品は何にするか、決まりました?

社会人となって、時間をきちんと管理できるようにと「時計」を贈ったり、身だしなみの基本となる「ネクタイ」を贈ったり、贈り物にもいろいろありますが、記念になる贈り物にするならワインをデコレーションした名入れギフトが思い出に残る一品としておすすめですよ。

中でも「kimonoボトルカバー」をあしらった生まれ年のワインに、スワロフスキーでデコレーションした名入れ彫刻入りのグラスのセットがおすすめです。

※現在、ショップサイトでの取り扱いは2016年に20歳を迎える人に向けた1996年、1995年もののワインです。2017年に20歳を迎える人に向けた1997年ヴィンテージの登場はもう少しお待ちください。

成人式におすすめ!着物で贈るサプライズギフト

着物ボトルカバー

着物でサプライズ♪生まれ年ワインと名入れグラスのセット【化粧箱入】

かわいいですよね! 着物でおめかしをしたワインに、デコ彫刻で名入れをしたグラスがセットになったギフトです。

着物はハンドメイドのため、その都度柄が変わるので、手元に届くのは写真で見るのとは違う柄になることがあるようですが、それだけにオンリーワンの魅力があります。

けっこう細やかな細工になっているみたいですよ。「姫」はちゃんと帯を締めています。

(小さな画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

「侍」も腰に刀をさしています。刀身を握る柄(つか)の部分もよくできてます。

(小さな画像をクリックすると、もう少し大きな画像で見ることができます。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってくださいね)

形としては、エプロンのようにパサッと被せているだけのように見えますが、姫は帯の部分が伸縮ゴムになっていて、意外としっかりとボトルに合わせて着せることができるようです。

侍の場合は袴の帯を締めることで調節するみたいですよ。

帯部分

伸縮ゴムが入っているので、ボトルにしっかりと着せることができます

スーツを選ぶ人も多くなりましたが、それでも成人式といえば男性は紋付き袴、女性は振り袖で参加される方が多いですよね。

着物を着る機会がすっかり少なくなってしまった現代は、「着物を着るのは七五三以来」という人も多いかもしれませんが、人生の新たな門出の装いは思い出深いものだと思います。

「手軽にレンタルで済ませました(汗)」という人にとっても、ちょっとした記念として飾ってもらえる贈り物にすることができますよ。

着物の下は生まれ年ワインです

着物ボトルウェア

着物はボトルカバーになっています

着物の下は、今年成人を迎える人の生まれ年ワインワイン「シャトークロドサルプ(赤)」です。

※1996年のワインはシャトークロドサルプ(赤)でした。ワインは在庫によって銘柄などが変わることがあります。1997年のワインはまだ決まっていないようです。お楽しみに!

着物のワインギフトは、ワインへの彫刻加工サービスはありませんが、セットになったワイングラスにオーロラスワロフスキーがついた「名入れデコ」を入れることができます。

現在、入金の手続きの確認&制作内容確定後、最短で約3日~4日の営業日で出荷してもらえるようですが、成人式が近付くと注文が込み合う可能性が高いので、早めの検討がおすすめですよ。

成人式以外でも、20歳の誕生日プレゼントとしても喜んでもらえそうな贈り物です。

現在、ギフトラッピング、メッセージカード印刷を無料サービスで取り扱ってくれるので、心のこもった贈り物にすることができますよ。

リストマーク 2016年(平成28年度)に20歳の成人式を迎える方向けのワイン(1995年4月2日~1996年4月1日まで)
リストマーク 2017年(平成29年度)に20歳の成人式を迎える方向けのワイン(1996年4月2日~1997年4月1日まで)の一部は、もうしばらくお待ちください
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.