散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

エイジングケアの考え方

植物の芽のイメージ

年齢に合わせたエイジングケアは、お肌の力を正しく理解していることが大切

お肌のケアの中には、肌の力を高める目的で何もケアせずにいる方法があります。塩洗顔のプルミエグランなどがそうで、「洗顔後に何も使用しない」というのが基本姿勢です。

最近は化粧水や乳液で肌をケアするのが当たり前なので、「え、そんなことできるの?」とびっくりしますが、何もケアしなくていいというのは、つまりは肌自体がとても健康だということなんですよね。

でも、肌は日々変化するもの。年齢に合わせたエイジングケアには、「必要な時に必要最小限を補う」という考え方も大切です。

「何もしなくていいかな」という判断は、顔を洗った後にツッパリ感があるかどうかが目安になります。

肌にはもともと「守る」はたらきがある

お肌のイメージ

乾燥や紫外線から肌を守っているのは、肌の表面にある「皮脂膜」です。

お肌の中にもともと存在するスクワランなどのうるおい成分と汗や水分が混じることでクリーム状になっているので、「天然のクリーム」と呼ばれたりします。

でも残念なことに、スクワランの生成量は年を重ねるごとに減ってしまいます。

肌の状態に合わせた適切なケアができていないと、毛穴や小じわといった肌トラブルが出やすい状態になってしまうんですね。

大人のマチュア世代のお肌には、毎日のスキンケアにエイジングケアの考えを取り入れて、年齢に応じた保湿やハリのお手入れをすることが大切になってきます。

このページでは、エイジングケアで知っておいた方がいい豆知識をまとめているので、よかったら参考にしてみてくださいね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.