散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

肌の老化の基礎知識

お年寄りのイメージ

老化はまだ完全に解明されていない研究途中の分野ですが、肌の上だけで起こるものではなく、からだ全体の機能や器質的な低下が大きく影響していると考えられています。

つまり肌の老化は、体が老化する中での一部の出来事なんですね。

大きな要因としては「加齢」(年を取ること)がありますが、その他にこんな要因があると言われています。

・紫外線による光老化
・皮膚の乾燥
・皮膚の非薄化(ひはくか) ※皮膚が薄くなっていくこと
・細胞の酸化
・細胞の糖化
・女性ホルモンや成長ホルモンの減少
・血管やリンパ管の老化

こうした要因はそれぞれ独立して存在するのではなく、お互いに複雑に絡み合って老化に関わっています。

肌が老化するとどんなふうになるの?

年齢を重ねてくると、真皮にある線維芽細胞が活力を失って、コラーゲンやエラスチンを生み出す力が衰えてくるので、真皮の厚みが減ってきます。

そして、肌の水分量や皮脂が減ることで、表皮の厚みも減ってきて、表皮が持つバリア機能も年齢とともに低下していきます(※ただし、角質自体は厚くなる傾向にあります)

閉経を迎えると、女性ホルモンであるエストロゲンが減ってくるために、コラーゲンやエラスチンの生成が不十分になることも肌が薄くなってくる要因の一つです。

さらに50代になると、皮下組織の脂肪層も老化してきます。

このように、年齢を重ねるごとに、肌や肌を取り巻く組織が全体的に薄くなっていくのです。

肌のこうした状態は、しわやたるみ、ほうれい線の目立ちなど、エイジングサインの原因になっています。

エイジングサインには何がある?

エイジングサインというのは、肌の表面に現れた、肌の見た目の変化のことです。

肌の潤いが不足して、ハリやツヤがなくなってきたり、肌の弾力が失われて、しわやだるみなどが現れたりします。

紫外線などのダメージで、シミ、そばかす、くすみ、ほくろが現れることもあります。

・しみ
・しわ
・たるみ
・ほうれい線
・毛穴(縦長にのびた毛穴)
・角栓
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.