散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

生菌の得意分野、死菌の得意分野

研究室
photo:LABORATÓRIO DE BACTÉRIAS LÁCTICAS / Agriculturasp

乳酸菌に関しては、こんな話もよく聞きます。

「乳酸菌は、生菌でも死菌でもその効果は変わらない」

この情報は、よく見ると、次のような言葉が入っていることが多いです。

「免疫活性化作用の研究では、生菌でも死菌でもその効果は変わらない」

つまり、免疫力アップを目的とするなら、乳酸菌が生菌であっても死菌であっても得られる効果は変わらないというわけです。

これは乳酸菌が免疫に働きかけるとき、菌体成分が小腸の免疫システムを刺激することでその効果を現わすためです。

「菌体成分」というのは、細菌を構成する全ての要素を指します。現時点では細菌のどの部分がそうした働きをしているのかわからないために、こんな表現をしているわけですね。この点は今後の研究が待たれるところです。

一方、整腸作用を目的とする場合、乳酸菌は生きていてくれたほうがより効果が得られるとされています。これは、乳酸菌の生み出す有機酸が腸管の運動を活発にしてくれるためです。

乳酸菌が腸内で活動するということは、腸内バランスが改善されることでもあるので、もともと定着している善玉菌を助ける働きも期待できます。

前ページでも乳酸菌は腸に定着しないことに触れましたが、数週間で排出されてしまうとはいえ、これは大きな働きであると言えます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.