散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

健康の鍵を握る細菌の勢力図

トイレ
photo:Toilets at Ministry of Communications and IT in Egypt / markhillary

人間の腸の中には約100兆個もの細菌がすんでいると言われています。

消化管を流れていく食物や、人間の体から分泌される生体成分を栄養素にして、絶えず増殖し、日々、排泄されていきます。

なんと人の糞便のほぼ3分の1は、生きた細菌で占められているんだそうですよ。意識していなくても、細菌の存在は私たちの健康に大きくかかわっているわけです。

こうした細菌も、人にとってメリットが大きい「有用菌(善玉菌)」と、デメリットが大きい「有害菌(悪玉菌)」とに分けることができます。

健康なときは有用菌の勢力が強く、腸内環境も有用菌が好む弱酸性に保たれています。

でもこれは偏った食事やストレスなどで簡単にバランスが崩れてしまう繊細な環境でもあるのです。

何らかのきっかけで有害菌が増えてくると、腸内の腐敗が進み、アンモニアなどの有害な物質が増えてきます。

腸内環境も、有害菌が好む中性からアルカリ性の環境に偏っていきます。

こうしたことは、直接健康を害することがなくても、長い期間をへるうちに、肝臓や腎臓、心臓といった重要な臓器に負担をかけ、様々な生活習慣病の原因にもなると考えられています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.