散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。
ブログ

秋芳洞・湯田温泉

秋芳洞・秋吉台を経て湯田温泉へ。山口の旅1泊2日の記録です。

秋芳洞の簡単な紹介の他、ちょっとよかったおいしいもの情報、その土地の伝説、湯田温泉街の足湯情報などもまとめています。2007年当時のものなので、現在は少し変わっているかもしれませんがよかったら参考にしてくださいね♪

関連フォトアルバム:
2007 秋芳洞, 湯田温泉街, 秋芳・湯田の伝説, 湯田の温泉街 マンホール

湯田グルメ ~ そば寿司

山口・湯田にはこんなおいしいものがありました。そば寿司です。酸味のきいた、さっぱりしたつゆにつけながら頂きます♪

そば寿司

夏みかんの伝説

山口の名産に「夏みかん」があります。秋吉台の展望台でもアイスクリームがありましたが、山口県の青海島には日本最初とされる夏みかんの原木があるようです。

ミカンのゼリー

湯田温泉の伝説

白狐が見つけたと伝わる湯田温泉の伝説は、街じゅうでモチーフになっていました。マンホールもカラーで描かれていましたよ♪

ゆう太君

秋芳洞の伝説

鍾乳洞を堪能した秋芳洞、そのそばの道端にお坊さんと河童の像が置かれています。気になったので、後から調べてみると、ちょっぴり悲しい雨乞い伝説がありました。

禅師河童

梅乃屋グッズ

湯田温泉で宿泊した梅乃屋さんはアピールポイントが「美肌のお湯」なだけあって、石けんや化粧水などオリジナルなコスメグッズが置いてあるお宿でした♪

梅乃屋の石けん

美肌にうれしいお宿 四季の宿 梅乃屋

山口のフグ料理を堪能すべく、美肌にいいお湯が出るという「四季の宿 梅乃屋」に宿泊してきました。その感想です。

梅乃屋

湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ホ」とタオル情報)

湯田温泉の足湯でいちばん熱かったのはいちばん最後に入った「ホ」でした。でも、そこで驚愕の光景を目撃してしまいます…。さすが温泉街は一味違う(汗)

湯田温泉の足湯 「ホ」

湯田温泉、足湯めぐり(足湯「ロ」→「イ」)

湯田温泉の足湯「ロ」、「ハ」、「ニ」をご紹介。狭い距離の中に集まっているので、そんなに歩かず回れる区域です。途中にある中也館に休憩を兼ねて入館すれば、ゆったりと巡ることができました♪

湯田温泉の足湯 「ロ」

湯田温泉、足湯めぐり(宿 → 足湯「ハ」)

湯田温泉の足湯レポです。まずは梅乃屋から出発してサンフレッシュ山口の敷地内にある足湯「ハ」へ移動。大まかな地図も掲載しています。

足湯に掲げられていた効能

山口といえば ふく尽くし

「秋芳洞のそばにある」、ガイドブックに「美人の湯」と書かれていたという理由で決定しちゃった梅乃屋さん。でも、静かなお宿で、料理もお湯もなかなかよかったです。

ふく刺し

秋吉台のアイドルいろいろ

秋吉台にて「元祖『展望台』名物、夏みかんソフトクリーム」をいただきました。展望台のアイドルなっちゃんが販売中(笑)

秋吉台のアイドル なっちゃん

秋吉台 秋の景色

秋芳洞の洞内からエレベーターを使って秋吉台へ。秋吉台には展望台があり、トイレもあるんですね♪ 洞内へは再入場券を購入することで出入りできるようです。

秋吉台のラピエ

秋の秋芳洞3 洞窟のさらに奥

秋芳洞をずっと先まで進んでいくと、少し小ぶりの規模になった黒谷支洞に入っていきます。洞窟が小さくなる分、鍾乳石がすごく身近に感じる空間です(そして、湿気もすごい!)

黒谷支洞

秋の秋芳洞2 荷物をロッカーに預けて洞内へ

秋芳洞に入る前に必需のロッカー情報のほか、車いすで入れる限界と言われる広庭あたりまでをご紹介。失敗が多かったので、写真はあまり撮れてません(汗)

傘づくし

秋の秋芳洞1 駅弁ゲットは難しい…

秋の旅行に秋芳洞へ行ってきました。猛暑の影響があったので紅葉は期待できませんでしたけど、洞窟ならめったなことで変化しませんもんね。ということでまずは新山口でいただいたお昼情報から…。

秋芳洞入り口の水の流れ
  • facebook
  • twitter