散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。
ブログ

暦と季節の行事 豆知識

土用の丑の日は夏ですが、鰻がおいしいのはなんと冬

2017年は7月25日です。最近は「秋土用の丑の日」なんて話も耳にするので、春夏秋冬の土用とちょっと意外な鰻の関係をご紹介します。

ウナギのかば焼き

6月5日はプロポーズの日、大切な告白を応援する日です

6月第1日曜日はプロポーズの日、どうしてこの日がプロポーズの日になったのかその由来と、「June」の簡単な歴史をご紹介。プロポーズを考えている人に、ちょっとお得な情報もまとめています。

プロポーズ用ギフトボックス

七夕に降る雨は… いいの?悪いの?

七夕は、天の川を挟んで輝く織姫星と彦星が一年に一度再開する日──とされているだけあって、雨降りだと、みんな気になるみたいですね。七夕の雨について、ちょっと調べてみました。

梅田七夕の七夕飾り

七夕って、何?なんか大切なことでもあるの? と、聞かれた場合の考察

七夕って、笹に短冊を飾って、織姫と彦星にちなんだスイーツを食べる…(スイーツは違うか)といったイメージしかありませんでしたが、どんな感じのお祭りなのか、ざっくりと調べてみました。

七夕の笹飾り

2014年12月22日は19年に1度、新月と冬至が重なる朔旦冬至です

2014年の冬至は「朔旦冬至」(さくたんとうじ)という、ちょっと珍しい巡り合わせの冬至となるようです。どんな巡り合わせがあるのか、簡単にご紹介します。

雲に隠れる月

新しい感謝の気持ちを伝えるセレモニー「バウリニューアル」ってご存知ですか?

川島なお美さんや吉川ひなのさんが海外で行ったということで、「バウリニューアル」(記念婚式)というセレモニーがちょっと注目を集めているみたいですよ。どんな催し物なのか、簡単にまとめてみました。

2月9日は願いを込めて、お稲荷さんを食べよう!

2013年の2月9日は初午です。お稲荷さんを食べる日としてキャンペーンがあるようです。そのいわれを探ってみました。

玉津開運稲荷

いよいよ年の瀬イベント 年賀状の配達受付は15日から

2013年度の年賀状受付が始まります! 今年は郵便局でデザインはがきを購入したんですが、ネットのほうが便利だったかな~とちょっと後悔。簡単にまとめてみました。

2013年度の年賀状

12月6日にはネコ足靴下に金貨を入れて、もうひとつのクリスマスを楽しもう

12月といえばクリスマス。クリスマスといえば… いろんなものが思い浮かびますが、フェリシモでは肉級の付いた、こんな靴下がありますよ。

肉球がぷにぷに

秋の衣替え・豆知識

秋の衣替えはいつごろから準備すればいいの? どんなことに注意すればいいの? 時期的なこともあわせて知っておいたほうがいい豆知識を簡単にまとめてみました。

紅葉のイメージ

今宵はサンタさんのためにクッキーを

今日はクリスマスイブ。世界中にプレゼントを配っているサンタさんのために、クッキーと牛乳を準備してみました♪

サンタさんへのクッキー

クリスマスカラーの「赤」「緑」「白」

泉の広場にある噴水のライトアップがクリスマスカラーだったみたいなので、クリスマスカラーについて調べてみました。

クリスマスの赤

ご存じですか? 敬老の日の標語と目標

敬老の日のちょっとした話題に。最近はあまり注目されていませんが、「敬老の日」は国が目標を掲げてキャンペーンを展開しているのはご存じですか?

秋のイメージ

お中元、何を贈る? 誰に贈る?

夏のご挨拶のお中元、誰に贈るのか、何を贈るのかについて、歴史的なうんちくも交えつつまとめてみました。

お中元のイメージ

日本のカボチャでジャック・オ・ランタンを作るのはおすすめではない理由

日本のカボチャで無理矢理ジャック・オ・ランタンを作ってみました。実際にやってみると、やっちゃいけない理由がいろいろわかりました

暗闇の中のジャック・オ・ランタン

節分とおそばの意外な関係

節分のあれこれ。地域によってはおソバを食べることもあるようで、ちょこっと考察してみました。

節分の太巻き

エキサイトに聞いてみた 「年越しそば」を英語で言うと…

英語で年越しそばのことを説明しようとして、年越しそばのことがわからなくなってきてしまいました(汗)

2007初日の出

考察・お月見のときにお団子をお供えする理由

お月見のときにお供えする団子について、いろいろ考察してみました。どうしてお団子なんでしょう?

ひな祭りと、ちらし寿司

ひな祭りに登場するちらし寿司のいわれや飾り方に関して、ちょこっとまとめ。

お雛様

星祭り(追記あり)

七夕伝説から七夕を思う…。七夕伝説も地方によって違うようだし、受け止め方も職業によってさまざまあるようです。

笹まんじゅう
1 2 »
  • facebook
  • twitter