散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

熱中症は5月でも注意が必要

お医者さんのイメージ総務省の発表によると、平成29年(5月~9月)の熱中症による救急搬送は累計52,984人だったそうです。昨年同期間に比べると、2,572人も増えているのだとか。

「5月からって、ずいぶん早いなー」と思う人も多いかもしれませんが、実は平成26年までは調査データも6月からだったんだけど、平成27年からは5月も入れて統計をとるようになってるんですよ。

実際、5月の時点で、かなりの方が搬送されているみたいです。

平成27年 2,904人
平成28年 2,788人
平成29年 3,401人

というわけで、夏の暑さ対策は5月くらいから始めるのがおすすめです。

ところで、熱中症ってどんな状態?

熱中症とは、体内の水分・塩分などのバランスが崩れたり、体内の調節機能の働きが悪くなって起こる障害の総称です。

症状が重いと死に至ることもありますが、意識して防ぐことができる病気でもあります。

熱中症が起こるとき

太陽のイメージ体内で熱が発生すると、血液にのって体の表面に移動します。そして、皮膚から体の外に放出されていきます。こうして体温が上がり過ぎないように常に調節されています。

でも気温が高い日や、ムシムシする日、きつい日差しがある日、風がない日といった条件が重なると、こうした体の調節機能がうまく働くことができなくなり、体が熱いままになってしまいます。

なんとかして熱を放出しようと、皮膚のすぐ下の血管が広がって、たくさんの血液がそこに留まってくるので、皮膚が赤く見えることがあるかもしれません。

こうなると、熱を運ぶための血液が足りなくなってきます。汗をかいていると、体内の水分量も減ってきます。

体から水分が減ってしまうと、筋肉、脳、肝臓、腎臓といった重要な組織に血液が十分に行き渡らなくなるので、こむら返りを起こしたり、頭がぼーっとしたり、肝臓や腎臓の機能に障害が出たりします。

体温が高い状態が続くと、その他の臓器の働きを悪化させる恐れもあります。

熱中症になりやすい人をあげると、こんな感じになります。

・脱水状態にある人
・高齢者
・肥満のある人
・過度に衣類を着ている人
・普段から運動をしていない人
・厚さに慣れていない人
・循環器などの病気がある人
・体調の悪い人

上記の条件にあてはまる人は、体温の調節がうまくいかないことが多いので、熱中症には要注意です。








熱中症対策は5月から

五月のイメージこうした熱中症は、真夏の炎天下で起こるとイメージしてしまいがちですが、実は5月に熱中症が発生することがあります。

5月は一年でいちばん気候がよさそうな時期なのに、ちょっと意外ですよね。でも、湿度や気温などの条件が重なってくると要注意です。環境省熱中症予防情報サイトでも、WBGT(暑さ指数)の配信が5月から始まるので要チェックです。

WBGTというのは、「Wet Bulb Globe Temperature」の略で、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に注目した指標で、熱中症予防の目的に使われる数値です。

ちなみに単位は気温と同じ「摂氏度」で表示されているのですが、気温とは異なる値なので要注意です。

(参考)環境省熱中症予防情報サイト

「WBGT」の要素としては、以下の3つが取り入れられています。

(1) 湿度
(2) 周囲の熱環境(日射・輻射(ふくしゃ)など)
(3) 気温

要素の中に「湿度」があることからわかるように、5月のように気温が比較的低い日であっても、湿度が高いとWBGTも高くなるので熱中症に注意するが必要があります。

こんな時期は、夏と違って以下のポイントに注意する必要があります。

・その日の予想最高気温はどれくらいになるのか?
・前の日と比べて気温差はどれくらいあるのか?

前の日の気温差が大きくなると、やはり体の負担は大きくなるもの。こまめな水分補給が必要になってきます。

ついつい気温が低かったり、カンカン照りでなかったりすると、「これくらいなら大丈夫かな?」と軽く判断してしまいがちですが、そんな日でも意外とリスクの高い日があるんですよね。

熱中症対策には、「WBGT」のようなきちんとした指標を活用することも大切です。




  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.