散歩、デジカメ、たまに料理。 お買い物で利用する通販情報をまとめつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

体温も下げてくれる!?ミネラル入り麦茶で水分補給

ヒマワリのイメージ室戸海洋深層水「天海の水」を取り扱っている「赤穂化成株式会社」で、興味深いレポートが発表されていました。

「ミネラル入り麦茶」の熱中症対策効果に関するレポートです。

夏の水分補給の選択肢に、ちょっと参考になりそうですよ。

汗で失われたミネラル補給としての「ミネラル入り麦茶」

水分やミネラルが不足して体温調節のバランスが崩れ、体の外に熱が放出されずにこもってしまうことで起こる熱中症のメカニズムに注目。

水分とミネラルの補給源として、「ミネラル入り麦茶」の可能性が提案されています。

– どんな試験が行われたのか? –

株式会社伊藤園、赤穂化成株式会社、ノザキクリニックの共同研究で行われたレポートです。

試験の方法は、健康な男性4人に「ミネラル入り麦茶」と「ミネラルウォーター」を飲んでもらい、それぞれ飲用前と飲用30分後の体温変化をサーモトレーサー(赤外線熱画像カメラ)で測定したというもの。

ミネラル入り麦茶を飲んだ被験者の腹部、胸部は1.7度下がったのに対し、ミネラルウォーターを飲んだ被験者の体温は0.6度上昇したことが確認されました。

この試験では、手先の体温には変化が生じなかったそうなので、体の外に熱が放出されるといっても、体を冷やしすぎることにはならないとのこと。

なので、冷え性の人にもメリットがあるではないかと提案されています。

確かに、水分を補給するだけじゃなく、体にたまっている熱を外に放出してくれるならメリットが大きいですよね。

この試験では、麦茶を飲んだ後の血流動性(よく、血液サラサラと表現されるやつですね)もレポートされていて、ミネラル入り麦茶と一般的な麦茶で比べると、ミネラル入り麦茶が血液流動性が高い結果を示すことが確認されたそうです。

「被験者が成人男性4人だけ」というのは、対象が少し少ない気がしますが(汗)

でも、体温が上がるのを抑えつつ、汗をかいて失ったミネラルの補給が期待できるというのは魅力がありますよね。

このレポートでは、循環器の専門家のコメントとして、「『熱中症』は発生した当日の水分不足から起こるのではなく、数日前からの水分不足が原因で発生する」ことが指摘されています。

このため暑いときだけでなく、日ごろから十分な水分やミネラルの補給が必要なんだそうですよ。

確かに、一気に飲んでも飲んだ時にしか影響がないわけですから、なおさら日ごろからの水分管理の一環としてミネラル麦茶を取り入れるのもよさそうです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.