散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

こたつの天板でお部屋の印象も変わる! こたつの豆知識

「こたつ」と「おせち」

2点セットと4点セット、それぞれ特徴があります

こたつの性能はヒーターにありますが、特に大きな違いはなく、どのこたつも性能はほぼ同じと思っていいようです。

こたつを選ぶときのポイント

昔は常に通電している状態だったので、大量に電気を消費する暖房器具だったようですが、現在はサーモスタットが付いているので、実際に通電しているのは限られた時間のみ。

密閉率の高い限られたスペースを暖めるので、部屋全体を暖める暖房機器に比べると消費するエネルギーは少なくなっています。

基本的に暖められるのはこたつに入っている下半身だけですが、人の体は血液の循環があるので、体全体で暖かさを感じることができます。エアコンと組み合わせれば、エアコンの設定温度を低くして運用することができますよ。

そのため、こたつを選ぶときのポイントは、「自分にとって使い勝手のいい大きさ」が大切になります。

重いと収納時だけでなく、掃除のときも扱いが大変になるので、女性だけで扱う場合は重量も要注意です。

その他の性能としては、こたつ本体に電源コードを収納できる機能や、ちゃぶ台のように、こたつの脚を折り立たんで収納できるなど、使い勝手のよさで便利なものが多いようです。

こたつの形

こたつには、大きく分けて「長方形」、「正方形」、「円形」があります。

こたつ布団を掛ければ周囲に+50cmほど広がるので、部屋の中でどれくらいのスペースをこたつが占めるのか考慮して形を決めます。

長方形 正方形 円形
長方形 正方形 円形
特徴 長方形は種類が豊富で選ぶ楽しさがありますが、見た目以上に大きく感じてしまうデザインなので購入前にサイズの確認をしっかり行う必要があります。
また、ヒーターが正方形の場合が多いので、サイズによってはヒーターから遠くに座っている人は寒い場合があるようです。
105cmくらいで2人、4人家族だと120cmくらいからが目安となります。
正方形はコンパクトに使えるデザインです。食卓として、ゲームをする団らんの場などで使いやすいといえるでしょう。
あまり小さいと上に載る物も限られてくるので、使い勝手が悪くなることがあります。
80cmくらいで2人、それ以上は他の形が使われることが多くなります。
円形は、大人数でも詰めて座れる利点がありますが、幅と奥行きが必要なので、部屋の空間が必要なデザインといえます。
この形も、購入前にサイズの確認をしっかり行う必要があります。
幅80cmくらいで2~3人、4人家族だと幅120cmくらいからが目安。

天板がこたつの印象を決める

こたつ本体は布団を掛けて隠れてしまうので、天板のデザインがこたつの印象を左右します。

天板には大きく分けて、合成樹脂で表面を加工した「合成樹脂化粧繊維板」と、天然木の突板で仕上げた「天然木加工繊維板」があります。

詳しくは以下で説明しますが、やはり合成樹脂に木目を印刷したものより、天然木を使っているほうが風合いがあり、家具として部屋に合わせやすいと言えます。

春夏もテーブルとして使う場合、白・黒・木目など、布団を片づけても部屋にマッチする色合いがおすすめです。

こたつの天板 豆知識

こたつの天板は熱の変化が大きいため、無垢材が使われることはほとんどありません。乾燥が激しいので、割れたり反ったりしてしまうからです。

こたつの天板には、熱に強い「MDF材(中密度繊維板)」が使われます。medium density fiberboardの略で、チップ状の木材を蒸煮して合成樹脂を加え、板状に熱圧成型したものです。

耐久性があり、反りや割れが比較的起こりにくい性質があります。繊維をバラバラにしてから加工しているので、板が均質であるという特長もあります。ラワン、パイン(松)、カラマツ、スギといった木材が利用されます。

それから、天板の加工には大きく分けて2種類あります。「合成樹脂化粧繊維板」と「天然木化粧繊維板」です。この他、薄くスライスした突板をベタ芯材に貼り合わせた「天然木化粧板」などがあります。

合成樹脂化粧繊維板 2~3mmに薄くスライスした繊維板の表面に、木目や色柄を印刷したポリエステルやオレフィンなどの合成樹脂加工シートを貼って仕上げています。
天然木化粧繊維板 約2~3mmに薄くスライスした繊維板の表面に、突板を貼りつけた木質ボードです。天然木の美しさを手軽に楽しむことができます。
天然木化粧・天然木突板 薄くスライスした突板を、ベタ芯の芯材に貼り合わせたものです。美しい木目た楽しめますが、サイズが大きくなると重くなる傾向があります。

ちなみに、天板に使われる天然木には、以下の3種類がよく使用されています。

・オーク(ナラ)
堅さがあり、建材や枕木、ウイスキーなどの樽材など、幅広い用途に使用される木材です。

・ウォールナット(胡桃)
チーク、マホガニーと並んで世界三大銘木の一つに数えられ、ヨーロッパ家具などで多用されてきた木材です。堅さがあり、強度と粘りがあるのが特長で、狂いが少ないという性質もあります。

・タモ(アッシュ)
堅さがあり、建材にも使われる木材で、柾目の突板の美しさが日本人好みと評されています。

こたつのある暮らし
├ こたつの天板でお部屋の印象も変わる! こたつの豆知識(このページです)
こたつ布団のポイントは、保温性を選ぶかスペースを選ぶか
こたつのお手入れ方法・豆知識
ベルメゾンネット

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.