散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

そもそも下着ってなんだろう?

下着のイメージ

「肌着」という言葉があるように、肌に最初に当たる衣類が下着です。肌に当たる面で適度な空気の層を作ることで保温をし、汗を適度に吸湿・放湿することで快適な衣服内環境を作ってくれます。

そうした基本的な働きの他に、体に大きく影響するものがあります。それは下着の機能です。

下着には2つの種類がある ボディラインから見た場合

下着には2つの種類があります。「補整下着(ファンデーション)」と「装飾下着(ランジェリー)」です。

アメリカをはじめとする海外ではこの区別がきちんとされていて、下着のTPOができあがっているのです。例えば、日常では補整下着(ファンデーション)をつけてボディラインを保ち、特別な日には装飾下着(ランジェリー)をつけて華やかに演出します。

こうした使い分けをすることで、胸やお尻の美しさをキープしていくわけですね。

ボディラインのくずれは下着が体に合っていないことが大きな原因となるので、実に理にかなった習慣と言えます。

補整下着と矯正下着の違いに注意

「下着でボディメイク ~ 育乳という考え方」でも書いていますが、体をサポートして美しく魅せる下着として、補整下着の他に実はもう1種類の下着があります。矯正下着です。

矯正下着は文字どおり押さえつけることで、その時だけの美しさを作りだします。このため、脱いでしまうと矯正されていたお肉は楽な場所へ戻ってしまいます。しかも、無理矢理押さえつけているので、着用感はとても「苦しい」という特徴があります。

しかも、お値段はかなりお高めになります。

これとは反対に、ブラデリスニューヨークの補整下着は、ボディラインを形づくっている肉質、骨格、お肉の流れの癖などを考慮して下着を選びます。

体の変化に合わせて仕立て直していくので、下着を脱いでもお肉が緩んだ位置へ戻ることが少なく、着用感も苦しさがあまりないという特徴があります。

つまり、矯正下着は「今すぐきれいなボディラインを作りたい!」というときに威力を発揮し、補整下着は時間をかけてボディメイクしていく継続的な習慣として威力を発揮する下着と言えます。

そのステップは3段階。

別記事で詳しく紹介していきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.