散歩、デジカメ、たまに料理。 最近、YouTubeの動画作成に凝りつつ 身近なテーマでゆるゆると記事をつづるブログです。

喪中はがきが届いたら… 喪中お見舞いにおくるお花特集

  • HOME »
  • 喪中はがきが届いたら… 喪中お見舞いにおくるお花特集

日比谷花壇_お悔み・お供えのお花

弔問を済ませている場合は特に返信などは必要ありませんが、喪中はがきで初めて相手のご不幸を知った場合はどうされていますか?

日本香堂の調べによると、40歳以上で「ご縁のある方の逝去を喪中はがきで初めて知った」経験のある人は、全体の約8割にもなるそうです。

遅ればせながらもお悔やみの手紙を出したり、電話をしたことがある人が半数程度いる一方で、年賀状のリストから外すだけで終わってしまう… と答える人も半数程度あり、対応は分かれるようです。

ただ、「知っていれば香典を送りたかった葬儀もある」、「知っていれば参列したかった葬儀もある」などと答える人は6割以上もあったのだとか。

どのように気持ちを伝えればいいか、悩まれている姿が浮かび上がってきます。

「知っていれば香典を送りたかった」、「知っていれば参列したかった」と思う人には、年賀状に代えてお悔やみの言葉を添えた寒中見舞いなどを出しますが、そのときにご遺族の気持ちに寄り添えるお花に心を込めたカードを添えた贈り物はいかがでしょう?

お香典を送るのとは違い、お花なら先様にも気を遣わることなく喜んでいただけるようです。

お届け時期は、年内、もしくは年明け7日以降が適当であるようです。

日比谷花壇のお花

アレンジメントを中心に、お線香とお花をセットにすると1万円くらい、それぞれ単品だと3,000円~5,000円くらいであります。お花の単体でも、ろうそくやお線香を有料のオプションで付けてもらうこともできます。

お花の中でも、デザインを重視したものは1万円くらいのものがそろっています。

無地のカード(無料)か、お花をモチーフにした優しい雰囲気のFOR YOUカード(有料)を選ぶことができ、100文字程度のメッセージを添えることができますよ。


【日比谷花壇】お供え用 日本香堂「宇野千代のお線香 淡墨(うすずみ)の桜 桐箱浮きローソクセット」とアレンジメント

上品なアレンジメントに、桐箱に入ったお線香と浮きローソクを添えたセットです。


【日比谷花壇】【お供え用】【ネット限定】アレンジメント「セレモア 」

ホワイトとグリーンカラーの洋花でまとめたお供え用のアレンジメントです。

イイハナ・ドットコムのお花

アレンジメントと花束を中心に、3,000円~5,000円くらいであります。数は多くありませんが、1万円台だとボリューム感のあるアレンジメントになるようです。

28文字×5行までのメッセージカードを付けることができます。


【最速で翌日配送対応】アレンジメント「Remember =偲ぶ思い=」

ご家族の手を煩わせることなく、仏前にお供えいただけるアレンジメントスタイル。


【最速で翌日配送対応】花束「優美=そのまま飾れるお悔み花束=」

そのまま飾れる、故人を偲ぶ花束。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 日々歳々 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.